葬儀の基礎知識

  1. 葬儀屋さんを調べたり費用を事前に把握しておくことが大切です

    葬儀は亡くなった人と残された、家族や関わってくださった方との大切な時です。大切な人の死は本当に受け入れがたいものです。祖母が亡くなったので、葬儀…

  2. 後で悔いの残るお葬式だけはしたくありません

    葬儀は、今は、いろいろな葬儀の仕方があります。家族葬や友人葬、生前葬などなりますが、私は普通の、昔からの葬儀が一番いいと思っています。それは、数…

  3. 葬儀費用に困らない備えをしておきたいものです

    今日、家族葬が主流になって来ているといえども、やはり葬儀にかかる費用は高額です。また葬儀会社に支払うお金だけではなく宗派にもよりますが檀家となっているお…

  4. 葬儀の情報は事前に収集しておくことが大切です

    葬儀をするということは、亡くなってしまった方にきちんとしたお別れを行うためにとても重要な役割をするものであるとわかってはいても、人が亡くなってしまうということは…

  5. 家族葬はお客様の数、低価格になるのも利用される理由の一つ

    葬儀をした際に困ったことは、親戚の仲の悪さでした。兄弟の多い祖父は、親戚に対して、冷静に接する大正の人間で、情が足りないなど、よく言われていました。…

  6. 「葬儀」の心構え、マナーなどを解説したいと思います

    葬儀。それは、突然やってくるもので、多くの人は、あまり慣れているものではないでしょう。しかし、そんな中で、喪主・参列者それぞれ、双方に失礼があってはなら…

  7. 密葬(家族葬)でしめやかに執り行う家庭が増えています

    葬儀は各家により、そのご先祖の代々していた宗教があるので、本来ならそれでするのが当たり前です。しかし、それが浄土宗や浄土真宗(念仏)だったりすると、嫌う…

  8. 家族が生前から葬儀の意向を明確にしておくこと

    私の住んでいる地域は田舎のこともあり、冠婚葬祭はよく家族間で揉め事になります。とくに、葬儀関係にかかる費用は尋ねてはいけないとか交渉してはいけないといわ…

  9. 葬儀を執り行なう上でもっとも大切だと思うのが葬儀会社の選択

    ちょっと 誤解を招く表現かもしれませんが、葬儀というものにはいろいろとやらなければならないことがありますよね。大切な人亡くし、悲しみにくれている時期ですが、それ…

  10. 葬儀は、季節によって服装にとても気を使います

    祖父の葬儀の時は、初夏でした。喪服は夏物がなくて、暑くなったらどうしようと思っていました。その頃は葬祭センターなどはなかったので、相談したりレン…

PAGE TOP