葬儀の基礎知識

葬儀は、季節によって服装にとても気を使います

祖父の葬儀の時は、初夏でした。

喪服は夏物がなくて、暑くなったらどうしようと思っていました。

その頃は葬祭センターなどはなかったので、相談したりレンタルしたりできず購入することしかありませんでした。

親戚は年が離れ、借りれるようなものではありませんでした。

汗をかいてもしょうがない、とハンカチを持って葬儀に参加しました。

暑そうな顔をしていると、遠い親戚のおばさんから喪服のアンサンブルの話や喪服でなくても、黒の礼装なら大丈夫だと教えてもらいました。

 

早速自宅に帰り、黒の服を出し、葬儀に着ていけるようなものを選びました。

麻混の黒いサマーセーターは、普段着のようには見えず、寒くなったら喪服の長袖を着ることもでき、葬儀でも好評でした。

喪服は必要ですが、無理に着ているよりは感じが良くなります。夏の葬儀は、アンサンブルなら簡単です。

私は、後日3点セットの喪服を揃えました。

 

祖母の葬儀は、真冬で雪が積もっていました。

皮の靴では行けず、ブーツを買いました。安いブーツは底の裏の溝が浅いので、価格もブーツもしっかりしたものを選びました。1万円近くかかりましたが、数年使うことができ、履き心地もいいものでした。

どんなに雪が積もっても、葬儀に長靴を履いてきた方はいらっしゃいませんでした。

どんなに雪が降っても、葬儀場への移動はあります。足元が冷えないような対策はとても大事です。

 

葬儀は、季節によって服装にとても気を使います。

喪服だけでは寒すぎるという時は、黒のショールは便利です。

肩や背中にかけてもいいし、座っている時は膝かけとして使えます。

カシミアのものは一番いいのですが、毛糸のモコモコしていないもので、品のあるものなら大丈夫です。

ショールは、折ることで形も変えることができるので、薄いものならマフラーのように首に巻けるのも嬉しいです。

葬儀場はエアコンがあり寒すぎることはないと思いますが、関節に支障がある場合は、用意しておくことで安心できると思います。

 

親戚の葬儀なら、2時間はかかります。

事前に会場は椅子があるのかなども聞いておくと、対策することができます。

正座いすは、足がしびれないようにお尻の下に置くものですが、会場によっては希望すると椅子を出してくれる会場もあります。

もし、心配なら会場の方に相談したり、座る場所を配慮してもらうなどすると身体に負担なく葬儀に参加できると思います。

最近では、寺でも椅子を出していただけます。足が悪くても参加できるよう、配慮されています。

関連記事

  1. 葬儀の基礎知識

    最近は友人葬・家族葬といった身近な人を集めての葬儀が人気です

    葬儀の種類は個性に合わせて様々ありますが、最近では、友人葬・家族葬とい…

  2. 葬儀の基礎知識

    葬儀社の地元の方の評判もとても重要な要素です

    人には命があるからには、その終わりが必ずあります。天寿を全うで…

  3. 家族葬

    家族葬はお客様の数、低価格になるのも利用される理由の一つ

    葬儀をした際に困ったことは、親戚の仲の悪さでした。兄弟の多い祖…

  4. 葬儀の基礎知識

    葬儀費用に困らない備えをしておきたいものです

    今日、家族葬が主流になって来ているといえども、やはり葬儀にかかる費用は…

  5. 葬儀の基礎知識

    しっかりと家族で話し合うことがより良い葬儀につながるでしょう

    東海の某葬儀社で働く社会人です。今回はご家族・喪主側ではなく、…

  6. 葬儀の基礎知識

    家族が生前から葬儀の意向を明確にしておくこと

    私の住んでいる地域は田舎のこともあり、冠婚葬祭はよく家族間で揉め事にな…

PAGE TOP