葬儀の基礎知識

後で悔いの残るお葬式だけはしたくありません

葬儀は、今は、いろいろな葬儀の仕方があります。

家族葬や友人葬、生前葬などなりますが、私は普通の、昔からの葬儀が一番いいと思っています。

それは、数年後、自分の年齢によっても異なってくるのかも知れません。ただ、今はそう感じています。

葬儀の仕方は自由です。故人の遺志・遺言・家族や親戚の都合、費用など、様々な理由があります。

昔からの葬儀の場合、葬儀社を決めるところから始まります。

普通は地域の葬儀社にお願いすることになりますが、自分の好きな葬儀社に決めることができます。

 

葬儀社によっては、葬儀の際の費用として、積み立てするコースもあり、加入していると葬儀が安くなるなどのサービスもあります。

地元の葬儀社は、そういうサービスは不足ですが、葬儀の流れ、葬儀に必要な物、和尚様のお布施など、その地域のやり方など、分からないことを教えていただくことができます。

自分の親がやっていた葬儀を、親にしてあげることができることが、地元の葬儀社のいいところです。

 

家族葬や友人葬は、地域に住む多くの方を必要としない時にお勧めです。

お知らせをしない分、葬儀場のスペースを小さくできます。

ただ、葬儀する人数が少ない分、自分達ですべてしなければなりません。

お香代も集まらないので、費用もかかります。

葬儀社と相談して、段取りを組むことが大事です。

葬儀社に頼んだ分は費用が掛かるので、小さなことは自分達で手分けするといいです。

お経は和尚様にお任せになりますが、和尚様の人数、時間の長さでお布施が変わってきます。

始まる前に交渉することで、トラブルを防ぐことが大事です。

始まる時間は、和尚様との話し合いで決まるので、しっかり決めておくことも大事です。

和尚様がなかなか来ないなど、よく聞きます。

参列していただいた方の都合があるので、しっかりしておくといいです。

 

生前葬は、生きているうちに多くの方と話をし、顔を見たいという方にお勧めです。

仲の良い方を集め、最後のお別れをする。

余命が分からなくても、お互いに心残りにならずに済むというところに、生前葬する方の強い意志を感じます。

ただ、まだ知られていない部分もあり、受け入れられないという方もいらっしゃるようです。

 

葬儀は、こういうものだ、という考えはありません。

ただ、後で悔いの残る葬儀だけはしたくありません。

家族・兄弟で、葬儀はこんな風にしたい、してほしい、という話をしておくことで、突然の葬儀にも対応でき、トラブルを防ぐこともできます。

関連記事

  1. 葬儀の基礎知識

    元気なうちに葬儀プランを考え備えておくことも必要

    葬式の種類は、普通の葬式の他、家族葬・友人葬・生前葬・宇宙葬・自然葬な…

  2. 葬儀の基礎知識

    葬儀は、季節によって服装にとても気を使います

    祖父の葬儀の時は、初夏でした。喪服は夏物がなくて、暑くなったら…

  3. 葬儀の基礎知識

    葬儀屋さんを調べたり費用を事前に把握しておくことが大切です

    葬儀は亡くなった人と残された、家族や関わってくださった方との大切な時で…

  4. 葬儀の基礎知識

    いま、家族葬、密葬のニーズが多くあります

    葬儀に関しては現在幅広い種類があります。今のニーズとしては地域…

  5. 家族葬

    家族葬はお客様の数、低価格になるのも利用される理由の一つ

    葬儀をした際に困ったことは、親戚の仲の悪さでした。兄弟の多い祖…

  6. 葬儀の基礎知識

    葬儀の情報は事前に収集しておくことが大切です

    葬儀をするということは、亡くなってしまった方にきちんとしたお別れを行う…

PAGE TOP