葬儀の基礎知識

家族が生前から葬儀の意向を明確にしておくこと

私の住んでいる地域は田舎のこともあり、冠婚葬祭はよく家族間で揉め事になります。

とくに、葬儀関係にかかる費用は尋ねてはいけないとか交渉してはいけないといわれており、葬儀にかかる費用はほとんど言い値になっているのが現状です。

どの箇所にどれだけ費用がかかったのか知りたいときにも、非常に曖昧な答えしかかえってきませんし、そのような質問をすることは故人を大切に思う気持ちがないのではないかとまで考えられてしまいます。

葬儀の流れも、決まった形式でしかできず、生前の故人の意向を反映するのは難しいかもしれません。

 

私の家族間でも、何度か葬儀を行ったときに毎回揉め事になってしまいます。

兄弟の間でさえ、できるだけ質素な形で送り出すのか、それともできるだけお金をかけないと恥ずかしいと考えるのかで意見が分かれることもよくありました。

生前からできるだけ質素な形で葬儀をしたいと話していたとしても、実際執り行う家族側が内容を変えてしまうこともあります。

なので、結局近くの葬儀会社に依頼して、提案してきたプランで話をまとめることがほとんどだと思います。

そのプランには本当に必要なのかと思う項目も多々含まれています。

私の住んでいるような地域であれば、葬儀の種類で悩むことも多いかもしれません。

例えば、伝統的な仏教形式で葬儀を執り行いたいという家族もいるし、最近の葬儀の形式によくあるように、故人とのことを振り返りながら葬儀を執り行いたい家族もいると思います。

 

なので、生前からできるだけ自分で決めておくことができたり、色々な葬儀プランを比較検討できるようなサイトがあればいいと思いました。

そして、どの箇所にどれだけの料金がかかるのかを明確にしておくことで、残された家族が経済的に大変になることを防ぐこともできる戸思います。

結婚式ほどではないですが、通常の場合、葬儀の会社から提案されるプランは、それなりに費用がかさみます。急な出費などに全ての家族が対応できるわけではありません。

やはり、家族が大変なことになった場合には、冷静に急にしなければならないことが多数あり、後からこうすればよかったのではないかと後悔の原因になってしまうこともあるからです。

葬儀などに関することは、なかなか話しづらいことではあると思いますが、それぞれの家族が生前から意向を明確にしておくことで、家族間の揉め事を軽減することもできると感じます。

関連記事

  1. 葬儀の基礎知識

    父親の葬儀の場合は香典返しを含めて約200万円かかりました

    昨年夏に突然父親をなくしたので葬儀をしましたが、母親が喪主でしたが葬儀…

  2. 葬儀の基礎知識

    葬儀屋さんを調べたり費用を事前に把握しておくことが大切です

    葬儀は亡くなった人と残された、家族や関わってくださった方との大切な時で…

  3. 葬儀の基礎知識

    葬儀費用に困らない備えをしておきたいものです

    今日、家族葬が主流になって来ているといえども、やはり葬儀にかかる費用は…

  4. 葬儀の基礎知識

    「葬儀」の心構え、マナーなどを解説したいと思います

    葬儀。それは、突然やってくるもので、多くの人は、あまり慣れているもので…

  5. 葬儀の基礎知識

    葬儀社の地元の方の評判もとても重要な要素です

    人には命があるからには、その終わりが必ずあります。天寿を全うで…

  6. 家族葬

    家族葬はお客様の数、低価格になるのも利用される理由の一つ

    葬儀をした際に困ったことは、親戚の仲の悪さでした。兄弟の多い祖…

PAGE TOP