葬儀の体験談

あらかじめ葬儀社を決めておくこと連絡先をメモしておくことが大事

私は三回、葬儀の喪主になりました。祖母と両親です。

あらかじめ、葬儀社は、決めてありました。

母が、生協に入っていたので、生協のクオレに御願いしようと、資料を取り寄せると、仏式が三十万からで、安いと思ったので、入会しました。

祖母が亡くなった時は、葬儀社を決めているにも関わらず、パニックになりました。

葬儀社を決めていなかったら、会員カードを持っていなかったら、もっと精神的に大変だと思います。

 

葬儀社に電話を掛け、ホールへ祖母を運ぶと、早速、葬儀についての話となります。

一番シンプルな三十万のものにしましたが、これに含まれないものや、格上げできるものがあると言われました。

例えば、棺桶や、車、湯灌、遺影などです。世間体もありますし、余り質素にするにも格好悪いという気持ちがあり、十万ほどプラスになりました。良かったことは、葬儀社の方からの、強要が無かった事です。

ただ、失敗もありました。通夜と告別式に来る人数を、少なく見積もったため、帰りに持って帰っていただく粗品が、足りなかったのです。こういったものは、多目に用意するものだと痛感しました。

葬儀は手慣れたスタッフの方のおかげで、スムーズに行きました。

 

父の時は、葬儀社に電話すると、祖母の時のホールがいっぱいで空きがないと言われました。焦りましたが、他のホールを教えてもらい、そこに運びました。

呼ぶ人もいないため、家族葬にしたかったのですが、クオレは家族葬をしていないといわれ、急きょ、そのホールが扱っている、洛王セレモニーに入会しました。

家族葬は二十五万でした、プラスするものは、なるべく外しましたので、三十万ほどでいけました。

急に決まった葬儀社でしたが、私一人で行ったせいか、親切に対応してもらえました。

 

母の時は、従姉妹がセレマで勤めていたため、セレマで家族葬を行いました。

一番簡素なものにしたのですが、他のところより、コースに含まれないものが多かったように思いました。

部屋も狭かったです。三十万ほどで家族葬を行いました。

 

葬儀を経験して分かったことは、何度経験しても、どうしたらいいのか、慌ててしまうことです。

あらかじめ、葬儀社を決めておくことは必須ですし、その葬儀社の連絡先をメモしておくことが大事です。

葬儀社のプランもいろいろですし、付かないものもありますので、細かく質問して、総額いくらになるのか、何社もの葬儀社を比較した方が良いでしょう。経験した人の話を聞くのもいいと思います。

私の場合は、強要されることもなく、スムーズに行きましたが、葬儀社の人の言うなりになることなく、手続きすることが必要です。慌てず、冷静になることが、大事だと思います。

亡くなられた方にふさわしい形で、見送る事が大事です。

関連記事

  1. 葬儀の体験談

    私が経験した葬儀の流れについて紹介します

    私が経験した葬儀の流れについて紹介します。家族が自宅で苦しみ始…

  2. 葬儀の体験談

    葬儀の地域的な特色や一般的な価格などを収集しておきましょう

    数年前に大阪で家族の葬儀をしました。葬儀会社は、友の会のような…

  3. 葬儀の体験談

    葬儀の喪主として執り行うことになりました

    祖母の葬儀の話です。父が長男なので葬儀の喪主として執り行うこと…

  4. 家族葬

    家族葬でゆっくりと家族とお別れの時間を持てたことが良かった

    2月に、親戚のおばあさんが亡くなりました。老衰に近かったために…

  5. 葬儀の体験談

    葬儀代を準備しておく、お互いにデリケートなことを解決しておく

    葬儀にかかる費用について一般の葬儀場で会員価格で割り引いても200…

  6. 葬儀の体験談

    一番重要な点は葬儀社の選択です

    葬儀にかかる費用は、家族葬と言われる通夜のない葬式から、社葬と言われる…

PAGE TOP