健康で聞けるうちに葬儀の希望を聞いておくことをお勧めします

葬儀にかかった費用は粗供養、食事代全て込みで約200万円かかりました。

葬儀会社を選んだ理由はただ父がそこの会社に積み立てをしていたからという簡単な理由でした。

葬儀の手配をした経験がなく、悲しみに浸る間もないぐらい色々な問題にぶつかった体験です。

まず故人とは少し離れた所で暮らしており、兄夫婦が同居してくれていました。

全く顔を出さないわけではなく月一ペースで行っており危篤状態になってからはほぼ毎日病院へ仕事終わりに通っていました。

続きを読む

葬儀の情報は事前に収集しておくことが大切です

葬儀をするということは、亡くなってしまった方にきちんとしたお別れを行うためにとても重要な役割をするものであるとわかってはいても、人が亡くなってしまうということは突然訪れるといったことも多いと思います。

亡くなってしまう前から葬儀の準備をしておくということは不謹慎だと考えてしまう方も多くいるようですが、大切な方が亡くなってしまったときにはきちんと最後のお別れを行いたいと考えている方にとっては、前もって葬儀のための準備を行っておくことによって、最高の葬儀をあげることが可能となってきます。

そのために葬儀のための情報を前もって集めておくというのとはとても重要なこととなってきます。

 

葬儀のための情報を知りたいと考えたときには、どのような方法で情報を得ればいいのかと、やり方がわからないと悩んでしまうといった方も多くいるようです。

続きを読む

葬儀の料金プランというのは本当にピンキリです

葬儀にかかる費用は本当にピンキリで芸能人のようにお花を遺影の周りを取り囲むようにたくさん配置したりいろいろオプションなどをつけるとそれこそ何百万もかかりますが、実際に選んだ葬儀の種類は火葬のみの一番シンプルで安いプランでした。

大切な家族なので本当はもっと良いプランにしてあげたい気持ちもありましたが家計がとても厳しくお金がないため、このプランを選びました。

見積もりどおり、12、3万ほどかかりました。

そこの葬儀社を選んだ理由としては家や病院からの距離が近かったことや電話対応、パンフレットを見て決めました。

 

葬儀の流れとしましては、ロビーに親戚のかたや葬儀に参加する方が待っていて、時間がきましたらお焼香をする部屋へと案内され3列になりお焼香をそれぞれしていき、花を一輪ずつ渡されるのでそれを一人一人、故人の顔を見て棺桶にお花を添えていきます。

続きを読む

家族葬はお客様の数、低価格になるのも利用される理由の一つ

葬儀をした際に困ったことは、親戚の仲の悪さでした。

兄弟の多い祖父は、親戚に対して、冷静に接する大正の人間で、情が足りないなど、よく言われていました。

その祖父が亡くなった時、葬儀は、喪主が誰がするのか、というところから始まり、一七日の納骨まで、事あるごとにひそひそ言われる始末でした。

それでも、粗相がないように気を付けながら、事を勧めようとするのに精いっぱいでした。

花輪も、どういう風に名前を入れるか、ということまで争いの原因になるので、兄弟一同で済ませました。何かとうるさい葬式になる場合、最近では家族葬が人気だと聞きます。とてもいいことだと思います。

続きを読む

「葬儀」の心構え、マナーなどを解説したいと思います

葬儀。それは、突然やってくるもので、多くの人は、あまり慣れているものではないでしょう。

しかし、そんな中で、喪主・参列者それぞれ、双方に失礼があってはならず、気を遣うところです。

 

今回は、そんな「葬儀」の心構え、マナーなどを解説したいと思います。

まず、機会が比較的多いのは、参列でしょうか。

年齢を重ねると参列する機会も増えますので、年代別にふさわしい服装、マナーがあります。

男性は、黒のスーツに黒のネクタイが基本ですが、女性はどうでしょう。

続きを読む

密葬(家族葬)でしめやかに執り行う家庭が増えています

葬儀は各家により、そのご先祖の代々していた宗教があるので、本来ならそれでするのが当たり前です。

しかし、それが浄土宗や浄土真宗(念仏)だったりすると、嫌う人もたくさんいます。

それで、参席せず、自分たちで執り行うとか、バラバラになってきました。

それに加え、キリスト教の人もいたりして、みんなが信心して唱えるお経がまちまち。日蓮正宗の人もいます。

南無妙法蓮華経です。

 

それゆえ、全員で亡くなった人を弔うためには、葬儀はこの際、自分たちの考えたやり方でやり、角が立たない無宗教であげることが一番いい、という結論になり、今は密葬(家族葬)でしめやかに執り行う家庭がものすごく増えています。

続きを読む

インターネットで葬儀会社がすぐに見つかりました

三年半前に、実家で一人暮らしをしていた父が急逝して、家族の葬儀を初めて体験しました。

父は、自宅で一人で居る時に亡くなっていたのを発見されたので、遺体は一度警察に運ばれて検死を受けなければならず、警察の現場検証などもあって、その日は悲しむ間もないくらいの慌ただしい日になりました。

 

そんな中で、「数日中には葬儀社を決めて警察が指定する日時に遺体を引き取りに来るように」と言われてしまい、実兄と相談をしながら、急いで葬儀社を探し始めました。

亡くなった父の妻である私の母が、当時、2年半以上に渡って長期入院をしている最中で、すでに自立歩行ができず、車椅子を使ってリフト付きの介護車両に乗らないと外出はできない状態でした。

続きを読む

葬儀会館の見学会の機会に気軽に見学してはどうでしょうか?

昨年度、祖父祖母の葬儀と葬儀社に勤めていた時の体験談から書かせて頂きます。

筆者は二十代後半で地方都市に在住です。

 

人生は十人十色ですから葬儀の形式も様々で、地方都市でも社葬クラスとなれば葬儀にかかる費用は400万~800万程度ですが、地方の一般的なお客様の場合は200万もいかない場合が多いと思います。

近年は不景気なので葬儀にお金を掛けない風潮もあり、儀式共済を利用される方は費用的に20万を切りますし、家族葬では70万もかかればいい方です。

自宅周辺が高齢者ばかりという場合は葬儀会場までの移動が困難といったケースもあり、自宅に香典と線香を上げに来られる方も我が家の場合は少なくありませんでした。

続きを読む

母の葬儀、大変だった3日間

闘病中だった母が、あと数日という最終的な余命宣告を受けた頃のことです。

いつも通り母のお見舞いに行ったときに、看護師さんから呼び止められ尋ねられたのは「もしもの時、どこにお願いするか決めてありますか?」ということでした。

亡くなった後、すぐに遺体の搬送などの手配をしなければならないので、どこの葬儀社に頼むのか決めておかなければならない、と。

 

宣告の通り、数日で母が亡くなると、しなければならないことが次々押し寄せてきました。

父は高齢で体調を崩しており、私と姉ですべて準備しなければいけません。

続きを読む

葬儀の知識と相談できる人がいれば大変に心強いです

考えてみれば葬儀というものは、亡くなられた方を弔い、送るという重要な儀式。

人生最後のセレモニーと言えます。

だからこそ故人の生前の意思を尊重し、こだわりあるものにしたいものです。

しかし、葬儀はご遺族の深い悲しみの中で執り行われるものですから、なかなか負担も多いはず。

 

そこで事前に頭に入れておきたいのが葬儀の簡単な流れですね。

まず、ご遺体搬送から始まり、ご遺体安置、葬儀のお打ち合わせ、その準備、ご納棺、お通夜、告別式、お別れの儀式、ご出棺、火葬、初七日法要と精進落とし、後飾りと諸手続き、そしてご納骨。

これらが一連の葬儀の流れです。

続きを読む