事前に複数の葬儀会社と相談をしていると慌てずにすみます

葬式は亡くなる前から始まっていると考えたほうがよいのです。

それは病院や自宅で亡くなったときに、遺体をどうするのかということがあるからです。

自宅が広くて、そこで通夜や葬式を行う場合には良いのですが、葬儀会社の会場などで行う場合にはいろいろと考えておくことが必要です。

こちらでは葬儀会社の会場で葬式を行う場合についての説明をしています。

続きを読む

葬儀の地域的な特色や一般的な価格などを収集しておきましょう

数年前に大阪で家族の葬儀をしました。

葬儀会社は、友の会のような会員に入っていたので、どこにするか慌てて探すこともなくとても助かりました。

そして友の会の会員割引がありましたので通常の金額より2割ほど割り引いてもらった記憶があります。友の会に入ってから初めて葬儀をしましたがなんとなく入っておいた会員制度がありがたいなと思いました。

ただでさえバタバタで大変な時に細かくいろいろなことを即決で決めていかねばならず、考えることもできないままとりあえず決めたと言う状態でした。

続きを読む

予備知識をつけること、葬儀当日は予測不可能なことも覚悟

今から2年前、私の父は末期の肺がんと診断され、それから家族間で、葬儀をどうするかという議論がはじまりました。

お寺や近所の世話が大好きだった父なので、やはり一般的な葬儀会場を借りて行うものにしようという結論になり、早速私が葬儀社のパンフレットをもらいに行くことになりました。

まだ半年あるとはいえ準備は早くするにこしたことはありません。

続きを読む

葬儀は家族全員が納得できる方法と業者を選ぶことが必要

同居をしていた義理の父親がガンで亡くなったため、葬儀を行いました。

義理の父親が抗癌剤治療を拒否したので、余命2ヶ月と言われ、早めに葬儀業者を探しました。

葬儀業者を選ぶ基準として、まず押し売りをしないことを前提に話をしました。自宅に来てくださっても高いプランばかり勧められると、そこまでお金が無い私たちにとって圧力になるので親身になって考えて下さる業者を選びました。

続きを読む

葬儀は何から何まで未知のものでした

葬儀というのはけっして初めてというわけではないのですが、自分の親が亡くなったとき、いざ自分たちが葬儀をとり行なう段になって、大変慌てたことがあります。

それは一つ二つじゃない、何から何まで未知のものでした。そこで改めて世間一般でいうところの常識というものが、どうやら自分たちに欠けていたということを思い知らされたのですね。

これはかなり恥ずかしいことでもありました。

続きを読む

葬儀にかかった費用は120万くらいでした

父が30歳の時に急死し、母親も既に他界していたので、子供たちだけで葬儀を出すことになりました。

祖父母も当然亡くなっており、何もわからないまま子供たちだけで葬儀の準備を始めることになりました。

葬儀屋さんですが、とにかく急で心の準備すら出来ない状況でしたから、父が運びこまれた病院から紹介された葬儀屋さんにそのままお願いすることになりました。

続きを読む

あらかじめ葬儀社を決めておくこと連絡先をメモしておくことが大事

私は三回、葬儀の喪主になりました。祖母と両親です。

あらかじめ、葬儀社は、決めてありました。

母が、生協に入っていたので、生協のクオレに御願いしようと、資料を取り寄せると、仏式が三十万からで、安いと思ったので、入会しました。

祖母が亡くなった時は、葬儀社を決めているにも関わらず、パニックになりました。

葬儀社を決めていなかったら、会員カードを持っていなかったら、もっと精神的に大変だと思います。

続きを読む

葬儀は最後のお別れの場です。思いのたけを亡くなった方にしてあげたい

葬儀に関することで大変だったのは、初めて葬儀を経験したことです。

誰も、葬儀の作法や流れを教えてくれず、オロオロしてしまいました。

母や、叔母の手伝いをすることで、葬儀の流れと、葬儀のためにいらした方に対する接客などを、教えてもらいました。

私は、祖母が亡くなってすぐに、葬儀のための手伝いに行きました。

続きを読む

葬儀はやはり専門家にお任せするのが一番です

父、祖母、祖父の3人の葬儀を経験しています。

葬儀会社は、冠婚葬祭の為に月々積立しておいた所でしたので、費用的には問題ありませんでした。

しかし、家族の葬儀は初めてで、何もわからない状態で非常に不安でした。

葬儀屋さんが全て仕切ってくれて、テキパキと準備のお手伝いをしてくれました。

続きを読む