万一の場合の葬儀知識を得ることが大切です

従来葬儀は地域や地方によってやり方があり、それに従っていたと思います。

自宅やお寺で葬儀をし、お墓に埋葬するかたちが多かったと思いますが、昨今ではセレモニーホールのような会館で葬儀を行い、その後お墓へという流れが主流かと思います。

参列に関しても、以前は会社の関係者やご近所さん、友人などを含めて多くの方々に参列してもらい葬儀・告別式を行うというやり方が主流でしたが、最近はごく親しい人や身内だけでお別れをする家族葬を行う方が増えてまいりました。

続きを読む

葬儀で迷ったのはやはり金額面でしょうか

若くして喪主を務め、葬儀に関して色々と大変だった経験など今後どなたにも突然起こりうる事だと思いますのでお役に立つ情報を提供できればと思います。

喪主は大切な人を失って悲しむ時間もなく葬儀について決めていかねばなりません。

葬儀の詳細を決断し、執り行うなど人生に何度も起こる事ではないからこそきちんとした情報を得れないまま事を運んでいかねばならないのが殆どだと思います。

 

私の場合、葬儀場をどうするか?どのような形にするか?宗派は?など本当に一から決める運びとなりました。

続きを読む

どんな葬儀をどこで営むかを決めるのが最も大変です

故人が病気で入院していても、家族は回復を願うのが当然で、症状が思わしく無くても、万が一の場合に、どこでどんな葬儀を営むなどの相談は、不謹慎であり縁起でもないと、とても事前に行う事はできません。

従って、故人が入院している様な状況でも、葬儀を営むと言う事は突然に訪れるのです。

こんな時、病院の霊安室で故人に涙を流す間もなく、どこでどんな葬儀を営むかを決めて、ご遺体を霊安室から搬出する必要が生じるのです。

続きを読む

葬儀の一形態として自然葬の存在の意義は大きいと思いました

葬儀の一種と言える自然葬をご存知ですか?

従来型のお墓に自分の骨を収めるのではなく、遺灰を海や山など自然のなかに撒くことで、お墓を持たない弔いのやり方で、遺灰を撒く部分を行うことが葬儀としての儀式ともなります。

近年、この自然葬を生前に選択する人も出てきていて、注目されています。

 

その背景には日本のお墓事情の変化もあります。継承を前提とした従来の仏教系の檀家方式のお墓から、家族に替わりお寺が面倒を見てくれる「永代供養墓」を選ぶ人も増えているのが日本の現状です。

続きを読む

合同葬とは企業・団体などとご遺族が共同で行う葬儀のことです

葬儀にもいくつか種類があり、そのなかに合同葬と呼ばれるものがあります。

言葉の印象から複数の人の葬儀を合同で行うように思われそうですが、そうではありません。

合同葬とは、亡くなられた方が勤務したり関わっていた企業・団体などと、ご遺族が共同で行う葬儀のことです。

企業主催の場合は社葬とも呼ばれます。

続きを読む

キリスト教の葬儀は本当に楽ですし金銭的にも明瞭だと思いました

父親がおらず、祖父祖母もまだ生きている状況で3年前の突然の兄の死に葬儀を行うことになりました。

その時の体験をもとに書きたいと思います。

救急病棟で突然の兄の死に母親は全く動けず、次男である僕が葬儀の手配をすることになりました。

祖父祖母も生きていて、親族間でまだ葬儀をしたことがなかったので誰に聞いていいのか、葬儀屋をどう選べばいいのか、パニックになりました。

続きを読む

私が経験した葬儀の流れについて紹介します

私が経験した葬儀の流れについて紹介します。

家族が自宅で苦しみ始めたということで緊急で病院に搬送されました。そしてそのまま亡くなってしまいました。

看護師さんが体のケアをしてくださいました。

そして私の母が葬儀屋に連絡をし、手続きをしていました。

続きを読む

数年前に父を亡くし、自宅で葬儀をしました。

数年前に父を亡くし、自宅で葬儀をしました。

葬儀社は以前からお世話になっている所にお願いしました。父はずっと自宅で闘病していたので、亡くなった時には家族全員疲れ切ってしました。

葬儀には数人の親戚と近所の方が参加しました。合計で20人ほどでしたので、自宅で行うことができました。

続きを読む