葬儀を取り仕切る中で一番必要なことは決断力です

筆者は、会社に勤めていた時から葬儀の経験はたくさんありました。

受付はもちろん会計の責任者もしました。また、納棺のときの親族が足りないということで急遽メンバーに入ったこともありました。

しかし、葬儀を取り仕切る側になったことは、自分の父親の葬儀が初めてでした。

葬儀は、参列する側と取り仕切る側とでは、大きな違いがあります。

葬儀をする側には、人が死んだことを悲しんでいる時間はありません。

続きを読む

初めてでも葬儀会場の方が順序よく葬儀を進行してくださいました

私が初めて身内の葬儀を行ったのは祖母が亡くなった時でした。

身近な人が亡くなるという経験がなかった私にとって祖母の葬儀で初めて知ることも多かったです。

その時は私の両親が健在で全ての進行を両親が行ったので直接携わることなく間接的に得る知識が多かったのですが一番印象に残ったのは、初めての経験でも葬儀会場の方々が順序よく葬儀を進行してくださったことでした。

病院で入院していた祖母が状態が悪化し、病院からの搬送で葬儀場へ到着したのですがすべて段取りよく進めて下さってるのを傍で見ていて心強かったです。

続きを読む

お葬式は実際に見積りをもらって検討をしておくことが必要

やはり葬式会社や会場を考える場合において価格ということが第一の条件になると思います。

そんなことを言っては故人に怒られそうですが、故人もお前たちに迷惑をかけるからあまりお金をかけないで欲しい、と願っていたのでそれを頭に入れて葬式を行うことにしました。

ですが、急に天国に旅立ってしまったので、他社と十分な比較ができずに、知っていたからとか安いと感じていたからという理由で葬式会社を決めてしまうことになりました。

知っていたというのは、新聞にチラシが入っていてそれが目に付いたからです。

続きを読む

ご家族や親族の方にとっては亡くなられてからが全て葬儀

葬儀と聞くと、お通夜やお葬式を思い浮かべる方も多いでしょう。

しかし、ご家族や親族の方にとっては亡くなられてからが全て葬儀となります。

だいたい亡くなられると葬儀屋さんから連絡がきます。遺体を早く仏様にするためにもダラダラと時間をかけて葬儀場を決めるのも大変です。ですから、大体は馴染みのところにお願いすることが多いですが、葬儀屋さんと連絡が取れたら大体の流れを伝えてくれるので助かります。

 

身内がなくなると親族への連絡を逐一行います。

亡くなったという事実告げること、葬儀を行うのであればいつどこで行うのかも連絡します。

続きを読む

家族葬で普通の葬儀よりも安く済ませることができました

葬儀社は、今、自分が頼みたい葬儀社を利用できるようになりました。

多くのサービス、葬儀の種類があり、どのように故人を送り出したいか、選択することができます。

コーディネート・デザインという感覚もあります。

 

私は、以前、家族葬は親戚のわずらわしさがなく、いいなあと思っていました。

地元でも、家族葬が多く利用されていました。祖父の葬儀で家族葬を利用した際、親戚には電話でお知らせをしました。家族葬にする旨を話し、分かってもらいました。

続きを読む

はじめての葬儀なのでお布施の金額にまず悩みました

私が母親の死去した知らせを受けたのが3年前で、それまで喪主を務めることも親類の葬儀に参加することもあまりなかったので、どこで、どのように葬儀やお通夜を行えば良いのか不安でしたが、実家の近くにセレマがあったので近所の方も行きやすいだろうという理由で決めました。

式は仏式で葬儀と告別式を同時に進行させてもらう形にしてもらいました。

母は友人が多く、近所にもたくさんの親しい人がいて、その方たちにもたくさん別れの機会を設けさせてほしかったからです。

続きを読む

葬儀の流れやマナーについての本を買って覚えることが大切

この体験や感想については私の祖父が亡くなったときの話です。

葬儀にかかった費用は会社によっては分からないですが、私の祖父のときは40万ほどだったそうです。

費用は祖父が自分が病気で後が長くないと分かっていたので20万ほど残し、残りは母と母の兄たちで折半していました。

葬儀を選んだのは母と母の兄たちでしてたので私は詳しくは知らないです。

続きを読む

天理教でしたので仏教のような華やかな祭壇ではありません

私は、両親を亡くしています。

ただ、私の場合は、両親とも癌だったので、葬儀のことを考える時間が少しありました。

 

父が亡くなったときは、母がまだ生きていたので、金額のことなどは母に任せていました。

母は、お金があまりないので、費用がかからない葬儀がしたいといいました。

通夜は自宅、葬儀は近くの公民館で行いました。私の実家がある町は、葬儀社が1社しかありません。他の葬儀社を選ぶという選択枠はなかったのです。

 

費用は40万円くらいでした。宗派は天理教でしたので、仏教のような華やかな祭壇ではありません。

そのおかげもあったのか、安く葬儀ができました。

続きを読む

連絡するような人も無くて「火葬式」にしました

昨年、亡くなった母の葬儀を行いました。

私達、家族をとりまく環境は以下のようでした。

母は九州の実家で一人暮らしでしたが(父はすでに亡くなっています)、5年前から介護施設に入所していました。

昨年の秋ごろから身体が衰弱し、隣接する病院に入院していました。(年齢は91歳)

子供は2人(姉、弟)いますが、2人とも違う遠隔地で生活しています。

昨年、見舞いがてら病院の先生から話しを伺うと、年齢も高齢ということで回復の可能性は非常に厳しいとのことでした。そこで、私達子供2人が遠隔地に住んでいるということもあり、もし母が亡くなった時の対処の仕方を話し合いました。

続きを読む

葬儀に関する知識は勉強した方が良いです

私は父が15年前に亡くなりましたが、私は父一人子供一人でしたからは葬儀は身寄りが少ない、ごくごく小さな葬儀をしました。

通夜は無しで枕経と戒名だけは市の斎場に遺体を安置していましたから、お坊さんに来て頂きましたが葬儀は私の主人に私の子供に主人の母に、主人の姉に、父の兄と親近者だけの参列でした。

葬儀には、もちろんお坊さんにも来て頂き、祭壇や皆さんのお食事は精進料理のお弁当に、骨壺入れ、お花は最後の儀式なんで一番高くしました。最後は沢山の花に囲まれて天国に旅立って欲しいと言う願いから、お花だけは高く沢山入れてあげました。

市の斎場でやると使用料はかからないしで良かったです。

全部込みでお坊さんに御礼代や葬儀に、かかった費用を入れても25万くらいと手頃な値段で良かったです。

続きを読む