葬儀業者の選び方

葬儀を執り行なう上でもっとも大切だと思うのが葬儀会社の選択

ちょっと 誤解を招く表現かもしれませんが、葬儀というものにはいろいろとやらなければならないことがありますよね。大切な人亡くし、悲しみにくれている時期ですが、それでも行動に移さなければならないものがある。

そんなとき、支えになってくれる人もいれば、まったく頼れる人がいないということだってある。だから、葬儀の際にやらなければならないことを、普段から頭に入れておく必要もあるのですね。

身内の方が亡くなられたとき、葬儀の流れに従って執り行なうことは当然ですね。

 

しかし、問題はその次の段階にあります。

それは、もしも故人が生命保険などに加入しているならば、その保険金の給付を請求しなくてはいけません。

続きを読む

事前に家族で話し合い良い業者を見つけておくことが最良の方法

4年前、母を亡くしました。その時の葬儀の体験の話です。

母は大腸がんの診断されていたのですが、その診断時に既に半年から1年の余命宣告をされていたので、葬儀の準備は考えておかなければならないことを実感していました。

母が元気な時、母と死について話をしていた時のことですが、母が「自分の時は家族や親族だけでひっそりと静かに行うのがいい」と言っていたことを思い出しました。

 

私の場合はネットを通じて、まず葬儀業者を探しました。

検索で「家族葬」と入れるとそこそこ出てきていましたが、自分が住む地域に家族葬を承っている業者がなく、困惑していたのですが、全国展開している葬儀業者が一つ見つかりました。

続きを読む

葬儀社を選びは葬儀経験者に話を聞くのが一番です

以前葬儀社で働いていたことがあります。仏事、葬儀に関しては詳しいです。

 

葬儀社の選び方

田舎の方にいけばいくほどよく積立をしているから農家だからJAに加入しているなどの理由で選ばれることが多いと思います。

そうゆう形で選んでしまうと積立をしたお金で葬儀ができると勘違いされてる方が多いと思いますが、追加料金などがかかるといったことが多くあります。

心配な方は葬儀を頼む前に確認することが大事です。

続きを読む

事前に複数の葬儀会社と相談をしていると慌てずにすみます

葬式は亡くなる前から始まっていると考えたほうがよいのです。

それは病院や自宅で亡くなったときに、遺体をどうするのかということがあるからです。

自宅が広くて、そこで通夜や葬式を行う場合には良いのですが、葬儀会社の会場などで行う場合にはいろいろと考えておくことが必要です。

こちらでは葬儀会社の会場で葬式を行う場合についての説明をしています。

続きを読む

遺族のことを思ってくださる温かい葬儀社を見つけることが大切

3年前に母を亡くし、その時に喪主は弟でしたが、ともに葬儀社選びから何から何まで全て一緒にしました。

20年前にも父を亡くして葬儀は経験しているのですが、その時には母が中心にしていて、もう嫁いでいる私や妹はあまり関わっていませんでした。

まず、葬儀社を選ぶときにはWEBで沢山のサイトを見ました。

続きを読む