葬儀業者の選び方

葬儀社の地元の方の評判もとても重要な要素です

人には命があるからには、その終わりが必ずあります。

天寿を全うできる場合もあれば、病気や不慮の事故で亡くなることになることもあります。

あまり普段から悲観的な考え方をしながら暮らしていくことはつらいものですが、自分自身にもまた家族にも命の限りがあると思うことで今を全力で生きることができるはずです。

 

もし家族を送り出すことになった場合、その葬儀費用は平均で200万円にもなると言います。

すぐに準備ができる金額ではないので、葬儀日費用の準備も必要になります。

仮に銀行に預金を預けていたとしても、土日、祝祭日に差し掛かり、多額の預金を引き出せなくなることもあります。

また生命保険をかけていたとしても、保険金の支払いにかなり日数のかかる会社もありますから、支払いがどの程度速やかになされるのかを確かめておいた方がいいでしょう。

続きを読む

互助会の様な積み立て金を利用できる葬儀業者で助かりました

母親が亡くなり、葬儀を行いました。

葬儀業者は母が互助会に加入しており、積み立てをしていたので、簡単に決まりました。

葬儀は一般葬で行いました。

 

月々1000円位の積み立ての様でしたが、おかげで割引やサービスが充実していてとても助かりました。

葬儀業者さんの方で準備して頂いたのは、自宅、会場のセッティング・火葬会場全般・会葬御礼品・食事等です。

しかしパンフレットを見ると値段の幅が広く、担当者の方に聞きながら中間より上のクラスでほとんど選びました。

続きを読む

失敗をしない為に1度でも葬儀社に見学をオススメします

今年の1月、義父が急死しました。

元々入院していたのですが、良くなったのもつかの間、病院で誰にも看取られずに亡くなりました。

 

葬儀をするのは15年振りなのでほとんど覚えていません。

それも喪主をするのですから、知らないと言っても良いほどです。

田舎なのでJAの葬儀社と地元の個人経営の葬儀社と2軒しかありません。

JAの組合員だったので先にJAに声をかけたのですが、一杯で受け付けられないと断られてしまいました。

続きを読む

葬儀会社を決める時に気をつければよい点

冠婚葬祭は、何かとややこしいことも多いものです。

特に葬儀の場合には、規模はどれぐらいのものにするか、予算はどうするかなど、残された遺族は悲しんでいる暇も無いほど忙しくなることもあります。

しかし、葬儀会社などは、病院からの手配によって決めることも多く、あまり迷うことも無いことがほとんどのようです。

けれど、結局は高く葬儀代がついてしまったり、後で後悔することも少なくありません。

このようなことから、葬儀会社を決める際には、そのような点に気をつければよいのでしょうか。

 

まずはどれぐらいの費用になるかを確認する

葬儀と言っても、いろんな種類のものがあり、最近では家族だけで見送る家族葬などもよく選ばれています。

家族葬の場合だと、家族や知人だけで行い、弔問などを無くして行うため、掛かる費用も安くなり、50万程度で済むケースも多くなります。

続きを読む

信頼できる葬儀社さんを探して準備を進めてください

5年前に義父が亡くなり、葬儀を行いました。

義父が生前大成祭典さんの互助会に入っておりましたので大成祭典さんにお願いすることにしました。

義母が亡くなったときは一般葬でしたが、ほとんどのお客様が主人と義弟の会社関係の方ばかりで義母とは面識のない人が300人以上お見えになりました。

費用も300万を超えてしまい、痛い出費となりましたので今回は親族葬にしました。

親族と近所の方と合わせて50名ほどで、費用は150万円で済みました。

続きを読む

同じ内容でも葬儀社はピンキリなので賢く選ぶことが大切

長期間入院していた親の病気が悪化して医師より、もって後1週間、早ければ明日になるかも知れません。と余命を告げられました。

あまりの突然の余命宣告に親との別れを嘆いている時間がないほど焦りました。

葬儀社の手配をしないといけない。どこにするのか、という現実が差し迫っていました。

ここ何年間かは入退院を繰り返しておりましたので、貯金も切り崩していました。

 

まずは費用が安くて済む葬儀社で、次に交通の便がいいところ。

遠方からも来て下さることを考えるとアクセスのいいところで、出来れば2WAYだといいな。と考えました。

意外と交通の便がいいところは直ぐに見つかりました。しかし、リーズナブルな費用で。となると大変難しかったです。

続きを読む

葬儀屋さんを調べたり費用を事前に把握しておくことが大切です

葬儀は亡くなった人と残された、家族や関わってくださった方との大切な時です。

大切な人の死は本当に受け入れがたいものです。

祖母が亡くなったので、葬儀は様々な決め事やプロセスがあるという事を知りました。

いくつかのポイントがある事が分かりました。

 

葬儀社の選び方

葬儀社を事前に調べておくという事は重要です。

インターネットや広告などが出ていて、数多くの葬儀屋さんがあります。

続きを読む

必ず複数の葬儀社に声をかけてよく相談することをお勧めします

私の父の葬儀の体験から、これから御親族の葬儀をされる皆さんへのアドバイスをさせていただきます。

葬儀というものは、やりようによって、本当に様々な内容のものが行えます。

費用も、かけようと思えばいくらでも大きな金額をかけることができるし、節約しようと思えばそれなりの金額で行うことができます。

 

葬儀を執り行う葬儀社も、色々な会社があって、手間を惜しむように事務的にどんどん内容を決めさせようとしてくる所もあれば、とにかくある程度以上の金額になるようお勧めプランを推し進めてくる所もあります。

家族が亡くなった喪失感のさ中で葬儀の準備を整えなければならない、遺族の困惑した思いに付き合っていては、葬儀社は仕事を効率良く進められないのかもしれません。

続きを読む

インターネットで葬儀会社がすぐに見つかりました

三年半前に、実家で一人暮らしをしていた父が急逝して、家族の葬儀を初めて体験しました。

父は、自宅で一人で居る時に亡くなっていたのを発見されたので、遺体は一度警察に運ばれて検死を受けなければならず、警察の現場検証などもあって、その日は悲しむ間もないくらいの慌ただしい日になりました。

 

そんな中で、「数日中には葬儀社を決めて警察が指定する日時に遺体を引き取りに来るように」と言われてしまい、実兄と相談をしながら、急いで葬儀社を探し始めました。

亡くなった父の妻である私の母が、当時、2年半以上に渡って長期入院をしている最中で、すでに自立歩行ができず、車椅子を使ってリフト付きの介護車両に乗らないと外出はできない状態でした。

続きを読む

一番重要な点は葬儀社の選択です

葬儀にかかる費用は、家族葬と言われる通夜のない葬式から、社葬と言われる膨大な費用がかかるものまであります。

もちろん、故人に見合った葬式費用とするのが最適とされています。残った遺族の財産ですることになります。

できるだけ、故人の財産を使えない場合には、最低限の葬式となる場合が多いです。

 

最近では、葬式にかかる費用が多い程、豪華な葬式となります。

費用面で後から追加される物がありますし、ある程度は余裕がある方が良いです。

無理に盛大な葬式費用をすると追加される費用も大きいですし、思うようにできない場合もあります。

 

そこで、私が体験したのは、喪主と共に行動した結果、結論は、写真や通夜にこだわらない方法にしました。

続きを読む