葬儀の基礎知識

葬儀社を選びは葬儀経験者に話を聞くのが一番です

以前葬儀社で働いていたことがあります。仏事、葬儀に関しては詳しいです。

 

葬儀社の選び方

田舎の方にいけばいくほどよく積立をしているから農家だからJAに加入しているなどの理由で選ばれることが多いと思います。

そうゆう形で選んでしまうと積立をしたお金で葬儀ができると勘違いされてる方が多いと思いますが、追加料金などがかかるといったことが多くあります。

心配な方は葬儀を頼む前に確認することが大事です。

続きを読む

葬儀の一形態として自然葬の存在の意義は大きいと思いました

葬儀の一種と言える自然葬をご存知ですか?

従来型のお墓に自分の骨を収めるのではなく、遺灰を海や山など自然のなかに撒くことで、お墓を持たない弔いのやり方で、遺灰を撒く部分を行うことが葬儀としての儀式ともなります。

近年、この自然葬を生前に選択する人も出てきていて、注目されています。

 

その背景には日本のお墓事情の変化もあります。継承を前提とした従来の仏教系の檀家方式のお墓から、家族に替わりお寺が面倒を見てくれる「永代供養墓」を選ぶ人も増えているのが日本の現状です。

続きを読む

合同葬とは企業・団体などとご遺族が共同で行う葬儀のことです

葬儀にもいくつか種類があり、そのなかに合同葬と呼ばれるものがあります。

言葉の印象から複数の人の葬儀を合同で行うように思われそうですが、そうではありません。

合同葬とは、亡くなられた方が勤務したり関わっていた企業・団体などと、ご遺族が共同で行う葬儀のことです。

企業主催の場合は社葬とも呼ばれます。

続きを読む

事前に複数の葬儀会社と相談をしていると慌てずにすみます

葬式は亡くなる前から始まっていると考えたほうがよいのです。

それは病院や自宅で亡くなったときに、遺体をどうするのかということがあるからです。

自宅が広くて、そこで通夜や葬式を行う場合には良いのですが、葬儀会社の会場などで行う場合にはいろいろと考えておくことが必要です。

こちらでは葬儀会社の会場で葬式を行う場合についての説明をしています。

続きを読む

最近は友人葬・家族葬といった身近な人を集めての葬儀が人気です

葬儀の種類は個性に合わせて様々ありますが、最近では、友人葬・家族葬といった身近な人を集めての葬儀が人気です。

でも、友人も無し、家族も無しという方も、少なくないのが現状です。そういう方のためのプランも、新しく作られました。

 

それは、民間の葬祭社のプランです。会員制で、一人で入会できます。

続きを読む