葬儀の基礎知識

葬儀屋さんを調べたり費用を事前に把握しておくことが大切です

葬儀は亡くなった人と残された、家族や関わってくださった方との大切な時です。

大切な人の死は本当に受け入れがたいものです。

祖母が亡くなったので、葬儀は様々な決め事やプロセスがあるという事を知りました。

いくつかのポイントがある事が分かりました。

 

葬儀社の選び方

葬儀社を事前に調べておくという事は重要です。

インターネットや広告などが出ていて、数多くの葬儀屋さんがあります。

続きを読む

後で悔いの残るお葬式だけはしたくありません

葬儀は、今は、いろいろな葬儀の仕方があります。

家族葬や友人葬、生前葬などなりますが、私は普通の、昔からの葬儀が一番いいと思っています。

それは、数年後、自分の年齢によっても異なってくるのかも知れません。ただ、今はそう感じています。

葬儀の仕方は自由です。故人の遺志・遺言・家族や親戚の都合、費用など、様々な理由があります。

昔からの葬儀の場合、葬儀社を決めるところから始まります。

普通は地域の葬儀社にお願いすることになりますが、自分の好きな葬儀社に決めることができます。

続きを読む

葬儀費用に困らない備えをしておきたいものです

今日、家族葬が主流になって来ているといえども、やはり葬儀にかかる費用は高額です。

また葬儀会社に支払うお金だけではなく宗派にもよりますが檀家となっているお寺や僧侶にも費用は発生しますから、葬儀全体でいくらかかるかを把握しなければなりません。

人の命には限りがありますが、それがいつ訪れるかはわかりません。

その時に葬儀費用に困らない備えをしておきたいものです。

生前に葬儀会社と契約を結んでおいて、葬儀のプランまで決めてしまっておいて、葬儀費用を積み立てておくこともできます。

続きを読む

葬儀の情報は事前に収集しておくことが大切です

葬儀をするということは、亡くなってしまった方にきちんとしたお別れを行うためにとても重要な役割をするものであるとわかってはいても、人が亡くなってしまうということは突然訪れるといったことも多いと思います。

亡くなってしまう前から葬儀の準備をしておくということは不謹慎だと考えてしまう方も多くいるようですが、大切な方が亡くなってしまったときにはきちんと最後のお別れを行いたいと考えている方にとっては、前もって葬儀のための準備を行っておくことによって、最高の葬儀をあげることが可能となってきます。

そのために葬儀のための情報を前もって集めておくというのとはとても重要なこととなってきます。

 

葬儀のための情報を知りたいと考えたときには、どのような方法で情報を得ればいいのかと、やり方がわからないと悩んでしまうといった方も多くいるようです。

続きを読む

家族葬はお客様の数、低価格になるのも利用される理由の一つ

葬儀をした際に困ったことは、親戚の仲の悪さでした。

兄弟の多い祖父は、親戚に対して、冷静に接する大正の人間で、情が足りないなど、よく言われていました。

その祖父が亡くなった時、葬儀は、喪主が誰がするのか、というところから始まり、一七日の納骨まで、事あるごとにひそひそ言われる始末でした。

それでも、粗相がないように気を付けながら、事を勧めようとするのに精いっぱいでした。

花輪も、どういう風に名前を入れるか、ということまで争いの原因になるので、兄弟一同で済ませました。何かとうるさい葬式になる場合、最近では家族葬が人気だと聞きます。とてもいいことだと思います。

続きを読む

「葬儀」の心構え、マナーなどを解説したいと思います

葬儀。それは、突然やってくるもので、多くの人は、あまり慣れているものではないでしょう。

しかし、そんな中で、喪主・参列者それぞれ、双方に失礼があってはならず、気を遣うところです。

 

今回は、そんな「葬儀」の心構え、マナーなどを解説したいと思います。

まず、機会が比較的多いのは、参列でしょうか。

年齢を重ねると参列する機会も増えますので、年代別にふさわしい服装、マナーがあります。

男性は、黒のスーツに黒のネクタイが基本ですが、女性はどうでしょう。

続きを読む

密葬(家族葬)でしめやかに執り行う家庭が増えています

葬儀は各家により、そのご先祖の代々していた宗教があるので、本来ならそれでするのが当たり前です。

しかし、それが浄土宗や浄土真宗(念仏)だったりすると、嫌う人もたくさんいます。

それで、参席せず、自分たちで執り行うとか、バラバラになってきました。

それに加え、キリスト教の人もいたりして、みんなが信心して唱えるお経がまちまち。日蓮正宗の人もいます。

南無妙法蓮華経です。

 

それゆえ、全員で亡くなった人を弔うためには、葬儀はこの際、自分たちの考えたやり方でやり、角が立たない無宗教であげることが一番いい、という結論になり、今は密葬(家族葬)でしめやかに執り行う家庭がものすごく増えています。

続きを読む

家族が生前から葬儀の意向を明確にしておくこと

私の住んでいる地域は田舎のこともあり、冠婚葬祭はよく家族間で揉め事になります。

とくに、葬儀関係にかかる費用は尋ねてはいけないとか交渉してはいけないといわれており、葬儀にかかる費用はほとんど言い値になっているのが現状です。

どの箇所にどれだけ費用がかかったのか知りたいときにも、非常に曖昧な答えしかかえってきませんし、そのような質問をすることは故人を大切に思う気持ちがないのではないかとまで考えられてしまいます。

葬儀の流れも、決まった形式でしかできず、生前の故人の意向を反映するのは難しいかもしれません。

 

私の家族間でも、何度か葬儀を行ったときに毎回揉め事になってしまいます。

兄弟の間でさえ、できるだけ質素な形で送り出すのか、それともできるだけお金をかけないと恥ずかしいと考えるのかで意見が分かれることもよくありました。

続きを読む

葬儀を執り行なう上でもっとも大切だと思うのが葬儀会社の選択

ちょっと 誤解を招く表現かもしれませんが、葬儀というものにはいろいろとやらなければならないことがありますよね。大切な人亡くし、悲しみにくれている時期ですが、それでも行動に移さなければならないものがある。

そんなとき、支えになってくれる人もいれば、まったく頼れる人がいないということだってある。だから、葬儀の際にやらなければならないことを、普段から頭に入れておく必要もあるのですね。

身内の方が亡くなられたとき、葬儀の流れに従って執り行なうことは当然ですね。

 

しかし、問題はその次の段階にあります。

それは、もしも故人が生命保険などに加入しているならば、その保険金の給付を請求しなくてはいけません。

続きを読む

葬儀は、季節によって服装にとても気を使います

祖父の葬儀の時は、初夏でした。

喪服は夏物がなくて、暑くなったらどうしようと思っていました。

その頃は葬祭センターなどはなかったので、相談したりレンタルしたりできず購入することしかありませんでした。

親戚は年が離れ、借りれるようなものではありませんでした。

汗をかいてもしょうがない、とハンカチを持って葬儀に参加しました。

暑そうな顔をしていると、遠い親戚のおばさんから喪服のアンサンブルの話や喪服でなくても、黒の礼装なら大丈夫だと教えてもらいました。

続きを読む