葬儀の体験談

生前からよく死後のことを話し合うことをお勧めします

私の母が亡くなったときの体験談です。

余命宣告を受けてから、母は自ら葬儀に関して知っておきたいと話していたので、最初はネットで見かけたいわゆる「家族葬」をする会社から資料を取り寄せました。

費用は、プランにより異なっていて、一般の葬儀会社より手頃な価格でしたが、ついているお花や、祭壇などはあまりにも小さく、決して見栄えのいいものではありませんでした。

費用はおよそ、30万くらいのプランで、葬儀場が希望の場所を指定できると聞いていましたが、いよいよ、その時期が来そうなときに電話をかけましたら、担当者とされる方の対応がとても悪かったこと。

また聞いていた話と違い葬儀場が選べず自宅から、かなり離れている葬儀場を指定されたことでその会社は辞めることにしました。

 

亡くなる2日前に母が昏睡状態に入ってしまったので、病床に付き添いたい気持ちと、葬儀会社に連絡しないとという焦りのような気持ちがあったのを覚えています。

続きを読む

葬儀の知識がないというものは非常に困るものだと思います

自分の葬儀の体験談についてです。

自分は育ての親の祖母を小学生、実の父親を大学1年生の時になくし、その2度とも密葬で葬儀をとりおこないました。

1度目の葬儀では覚えている範囲での話ですが、病院での死亡が確認されてすぐ葬儀屋に連絡を取り、葬儀の内容を親が話していたのを覚えています。

病院から遺体を自宅に運び、装束を着させ供物や布団などを準備し、一晩を過ごしました。

その翌日通夜が開かれる会場に行き、極近い関係にいる親族のみを集めて通夜を行いました。

その日は、沈んだ空気もありましたが幼かった自分を心配させないようにと、食事などの際には気を使っていたのだと今となっては思います。

そして、通夜が終わり葬式を開きました。

続きを読む

信頼できる葬儀社さんを探して準備を進めてください

5年前に義父が亡くなり、葬儀を行いました。

義父が生前大成祭典さんの互助会に入っておりましたので大成祭典さんにお願いすることにしました。

義母が亡くなったときは一般葬でしたが、ほとんどのお客様が主人と義弟の会社関係の方ばかりで義母とは面識のない人が300人以上お見えになりました。

費用も300万を超えてしまい、痛い出費となりましたので今回は親族葬にしました。

親族と近所の方と合わせて50名ほどで、費用は150万円で済みました。

続きを読む

葬儀費用はおおよそ200万円ほどでした

葬儀社の選び方はさまざまで、病院で紹介してくれる場合もありますし、自分で見つけなければならない場合も、知り合いなどのツテで頼む場合とあります。

私の祖母が亡くなったときに母が選んだところは、近所で昔からの(祖父も先代のときからの知り合いでお世話になっていた)お付き合いがあったので、そこに決めました。

病院でも、どうなされますか?と案内的なものもありましたが、祖母も生前から親しくしていたようだったので母がそこに決めました。

 

費用はおおよそ、200万円ほどでした。

金額的に高いかやすいかはわかりませんが、個人的にはすべて任せて後片付けもしなくてもいいですし、とてもきれいに飾ってくれるのでそこまで高い認識はありません。

続きを読む

同じ内容でも葬儀社はピンキリなので賢く選ぶことが大切

長期間入院していた親の病気が悪化して医師より、もって後1週間、早ければ明日になるかも知れません。と余命を告げられました。

あまりの突然の余命宣告に親との別れを嘆いている時間がないほど焦りました。

葬儀社の手配をしないといけない。どこにするのか、という現実が差し迫っていました。

ここ何年間かは入退院を繰り返しておりましたので、貯金も切り崩していました。

 

まずは費用が安くて済む葬儀社で、次に交通の便がいいところ。

遠方からも来て下さることを考えるとアクセスのいいところで、出来れば2WAYだといいな。と考えました。

意外と交通の便がいいところは直ぐに見つかりました。しかし、リーズナブルな費用で。となると大変難しかったです。

続きを読む

家族葬でゆっくりと家族とお別れの時間を持てたことが良かった

2月に、親戚のおばあさんが亡くなりました。

老衰に近かったために子供たちが交代で介護をして、自宅で最期を看取ることができました。

亡くなる少し前に、肺炎にかかり入院していた時もありました。

最期は家族に囲まれて、幸せな時間を過ごすことができました。

 

ここまではよかったのですが、亡くなったのが日曜日の朝で、主治医の先生と連絡がつかず、家に来てもらうことがなかなかできませんでした。

続きを読む

後で後悔しないように悩んだときは伝えるべきだと思いました

去年、父が亡くなりました。

母はたくさんの方が来ると、どう対応していいか困るので、家族葬にしたいと言って、家族葬にすることになりました。

100名くらいが入れる部屋にしました。

ほとんどの方には知らせてはいませんでしたが、100名をはるかに超える方が、お別れに来てくださいました。

お葬式の準備は、心の準備ができないうちに、急いでいろんなことを決めないといけないので大変でした。

続きを読む

故人の49日や一周忌など全ての費用は100万円以内

私が体験した葬儀について書く事で葬儀の参考にして下さい。

まず私が体験した故人が亡くなった場所は病院でした。

死亡診断書を病院でもらいました。

葬儀の場所は、私自身は自宅の家でしたい希望でしたが兄弟と親戚と話あった結果、お世話になってるお寺と家から一番近い葬儀場を選択しました。

通夜だけでも家でしたい希望でしたが何かと家族が手間をとられるのを嫌い通夜、葬儀、告別式を同じ場所で行いました。

 

葬儀の種類ですが、家族葬にすると決めました。

続きを読む

前もって話し合いをすればもっといい葬式が行えたと思います

去年、突然祖母が亡くなりました。

入院はしていましたが、特に悪いところもなく、まだまだ先の話だと思っていました。

夜ご飯を食べて寝た後、朝には冷たくなっていました。

92歳で一人暮らしが大変になったので、病院へ入っていました。

 

葬儀については、葬儀費用を祖母の年金から用意しようと計画中で、十分な金額がありませんでした。

家族が集まり、家族葬をひっそりと行うことにしました。

葬式には、子供たち家族だけが出席して行いました。

祖母が生前入っていた、ベルコの互助会を利用して葬儀を行うことにしました。

続きを読む

予算や和尚様の人数など最初に相談したほうがいいです

葬祭センターの場合、会員制のものがあります。葬式は会員に入会していないととり行えません。

その際に入会することもでき、希望のプランで会員価格で大丈夫です。

前もって会員になっておけばもっと割引されたり、特典が付いたりします。

地元に根付いた葬祭社とのどこが違っているのかを見るために、下見したい方が多く展示会が開催されます。

希望者はその時にセンターの職員と話しをすることができ、交渉することもできます。葬祭センターは、葬式の他に法事もできお墓も売るなど会員に対して幅広いサービスがあります。

続きを読む