葬儀のあいさつ

葬儀のあいさつは定形文をもとにしながら、臨機応変に

葬儀において、一番気を使うことが葬儀でのあいさつです。

そのあいさつのことについて気をつけるべきことやあいさつ集などを紹介させて頂きます。

葬儀でのあいさつには定形文のようなものがあるので、基本的にはそれを使っていけば問題ありません。

 

故人に世話になった場合は、

「故人様には生前大変お世話になりました。このようなことになり、まことに悔やまれてなりません。」

 

故人が急死した場合は、

「突然の出来事で、気落ちされていることでしょう。心からお悔やみ申し上げます。」

続きを読む

喪主の挨拶をどのように考えておくべきか?具体的なポイント

昨今は高齢化が進み、ご高齢の方も元気でいられる年齢層が高くなってるとはいえ、いつかは死ぬ日がやってきます。

そんな時に自分の親が亡くなった際、葬儀の場、親しい方々が訪問された際にどのような心の準備をして、そしてどのような挨拶を考えておくべきか、具体的にいくつかポイントになるような内容をご紹介していきたいと思います。

 

まずは、挨拶として一番最初に必要なのは葬儀やお別れの場に参列してくださった関係者の方々へのごあいさつです。

それは喪主のあいさつではなく、会が始まる前に始まっていると考えておいたほうがいいでしょう。

続きを読む