通常70万円ほどの家族葬が50万円とのことでした

状況としては、私の祖母の葬儀となります。その際は、互助会に加入していました。

祖母が深夜に亡くなり、その後、互助会へ連絡し、提携する葬儀会館へ祖母とともに病院から移動しました。

葬儀社を選んだ理由としては、互助会に加入していたので、選択肢はなく提携葬儀社となりました。

料金に関しては、通常70万円ほどの家族葬が50万円とのことでした。

 

葬儀の流れとしては、祖母の体を一時安置してもらい、体を洗ってもらい、棺桶に入れてもらってから通夜、葬儀、火葬までとなっていました。

初めて葬儀をする際に、先ずは何をしたらよいのかが全く分からず、病院の受付の人に「このような状況であれば、先に葬儀社等に連絡をして準備をしておくのが普通でしょう」という心ない言葉を祖母が亡くなってすぐの人間にあびせるようなことをされたことがあるので、まだまだその様な状態でなくても、家が互助会に入っているのか、お寺の檀家なのかなど、あまり考えたくないことですが家族で知っておく必要があると思います。

なにかあった際にはすぐに相談できるところがあることを知っておくことが必要だと思いました。

 

葬儀の種類、宗派などもある程度は知っておく必要があると感じました。

葬儀に関しても、香典の受付に他人を配置しないようにするために、弔問の受付は極力親族は信頼できる人ということを知らなかったので、葬儀中も私が受付に立っていました。

業界では当たり前なのかもしれないことも、初めての人には葬儀に参加できない、悲しいことでした。

 

葬儀社なり、互助会なり、お寺なりが親族が亡くなった場合は、大切な家族とのお別れの時間を大切にできるように単なる形だけの式にならないように、家族に寄り添った心で接してもらえる対応をしてほしいと思いました。

そして、葬儀社なり、互助会なり、お寺なりは加入した際や、定期的に万が一があった際にはどのようにすればよいのかをわかりやすく、単なる文面での案内だけでなく、冊子などで啓発するようにしてほしいと思いました。

 

今後、今まで家族の葬儀を経験したことがない人へのアドバイスとしては、大切な家族が亡くなり、大変悲しい気持ちにその時はなっていると思いますが、実際には、葬儀が終了するまで悲しむ時間はほとんどありません。

それよりも、通夜、葬儀、火葬までの2日間はバタバタとなります。

事前に何をしなければいけないのかをある程度分かっていないと、状況に振り回されて場合によっては、このような状況でなぜ?と思い怒りさえも覚えるかもしれません。

大切な家族を静かに送ってあげるためにも、葬儀のことを少しでも勉強しておくことが良いと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*