通夜、葬儀・告別式に参列する人の行うべき事項とは?

親交のある人や親族の死去の連絡を受け、通夜や葬儀に参列する場合、参列者としてやるべき事をしっかりと把握し、恥をかかないようにする必要があります。

参列者として心得て置き、やるべき事をリストアップし、各事項の注意点などを記載します。

 

死去の連絡を受けた時の挨拶

親交のある人や親族の死去の連絡受けた時、それが故人の家族の場合には、お悔やみの言葉を述べ、通夜や葬儀への参列の意向を伝えます。

親族の場合には、葬儀の後に仕上げの食事が提供される事が多く、食事をして帰って下さいと言われた場合には、遺族が手配する関係もあり、時間がなければ丁重にはっきりとお断りを伝える方が良いでしょう。

 

通夜参列時の心得

通夜に参列する場合、定刻に僧侶による通夜式が行われます。

この時には、親族の後、親交のあった人達の順に焼香を行います。

通夜の場合には、焼香順が読み上げられないのが一般的ですが、自分の親族としての血の濃さや、親交の度合いを配慮して適時、焼香すると良いでしょう。

 

通夜式が終われば、親族なら家族の方に、また親交のあった人なら自分が知っている家族の方にお悔やみの言葉を掛けて帰路に付くと良いでしょう。

親族の方なら、その血の濃さなども考慮し、用意された食事に軽く手を付け、遺族の方と語らうのも礼儀と言えます。

 

葬儀への参列受付

葬儀に参列する場合には、開式の時間に余裕を持って葬儀会館などに出向き、受付で住所や氏名の記帳をし、香典をそこでお渡しすると良いでしょう。

受付を済ませると、葬儀会館に並べられた椅子に座り、心静かに葬儀が始まるのを待っています。

葬儀会館によっては、親族を焼香順に座るように担当の方が指示される場合もありますので、それに従い、席の移動を行い、開式を待ちます。

 

葬儀・告別式

葬儀は式場の司会の開式の辞の後、僧侶が入場されて読経と共に始まります。

司会者の合唱の言葉に合わせて数珠を掛け、故人の冥福を祈って合掌します。

読経が進むと、司会者が焼香の始まりを伝えます。司会者が読み上げる焼香順に従って、焼香台に進み、焼香を済ませます。

 

参列しているものの、焼香順で読み上げられない場合には、親族なら「親族で焼香がまだお済みでない方の焼香をお願いします」との司会者の指示に従って焼香すれば良いでしょう。

また親交があった関係で参列し、会社を代表して参列している様な場合以外は、焼香順は読み上げられませんので、親族以外の代表焼香者として焼香順で読み上げられた方々の焼香が終われば、席の前から順番に焼香台に進み焼香するのが一般的です。

 

故人との最後の別れ

葬儀・告別式が終わると、式場の椅子などが片付けられ、棺が式場の中央に出されます。

そこで棺の蓋が開けられ、祭壇に飾られた花や供花を葬儀社の方が切り手渡された切り花を故人の眠る棺に置き、顔を見て最後のお別れの合掌をします。

この故人との最後の別れは、親族なら遠縁でなければ行うのが一般的です。また親族でなくても、故人と親交が深かった方は、親族の後に続いて行うと良いでしょう。

 

焼き場への移動

最後の別れの儀式が終わると、棺は霊柩車に乗せられ、焼き場へと向かいます。

親族でなければ、そこで合掌して霊柩車を見送れば参列者としての一連のやるべき事は終了です。

親族で、焼き場に同行するなら、用意されたマイクロバスなどに乗り込み、焼き場に向かいます。

焼き場では、再度簡単に僧侶の読経があり、焼却室に棺が入れられ、ここで最後の最後のお別れをします。遺骨になるのに時間が掛かる為、一度葬儀会館に戻って仕上げの食事を頂きます。

 

骨上げ

1時間ほどすれば、再び焼き場に向かい、遺骨をひらいます。

焼き場の係の方が、どの部位かと言った事を説明しつつ、参列者がお骨をひらって骨壺に入れてあげます。

骨壺に適度に遺骨が納められると、そこでお骨ひらいは終了です。

残った遺骨は、焼き場が丁重に契約したお寺などに埋葬されます。

 

初七日の法要

葬儀・告別式は狭義の意味では故人との最後の別れと、霊柩車を見送る事で終了ですが、近しい親族などにとっては骨上げが終われば終了と言う事になります。

 

しかし、最近は初七日の法要を続けて行われる事が増えています。

これは、葬儀・告別式の1週間後に、改めて親族の方に集まってもらう大変さを無くすための配慮です。

初七日においても、僧侶が読経を上げ、参列者が焼香を行い、丁重な法要が営まれます。もちろん、この初七日には、親交の深い親族のみが参列するのが一般的な為、焼香順を読み上げたりはされません。

故人との血縁の深さなどを考慮しつつ、家族から順次行うのが普通です。

 

以上が、通夜、葬儀・告別式に参列する人の行うべき事項を、時間軸でリストアップし、簡単に説明したものです。

近しい親族、遠縁、一般の参列など、自分の立場に応じて上記のどこまで参列すべきかを考えて参列しましょう。

いづれの場合にも、故人を偲び、故人の冥福を祈る気持ちが大切である事は言うまでもありません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*