農協で通夜、葬儀をお願いして300万くらいでした

祖父が亡くなってもめました。

祖父は不動産経営、母屋では祖母が父の家族と暮らしていて、離れで愛人と愛人の子供、孫が暮らしていました。

私が生まれてからずっとこの生活でした。

私が成人して、結婚して、子供をもうけて…やっぱりこの家族はおかしかったんだ。と気がつきました。

主人に相続揉めそうだね。と言われましたが、孫なので関係無いやと思っていました。

 

入院していた祖父が亡くなった時に私は息子が生まれたばかりで、お通夜と葬儀くらいしか関われなかったです。

農協で通夜、葬儀をお願いして300万くらいでした。

祖母があちらの家族の方に世話になったとか言っていたくらいなので、揉めないかな?と思ったのですが、葬儀の時の席が家族席には愛人家族は座れず、一般席でした。

お骨はハンカチに包み母が分けてあげていました。お骨だけを望んだなんて美談だなぁと思っていたら、離れの土地、建物を生前に贈与してありました。亡くなる少し前に登記してあり、みんな気がつかなかったそうです。

 

母はただでさえ他人の事を35年も同じ敷地に住んでこれからも住むなんてと怒っていました。

愛人は住む気なんてないさらさら無く、買取を希望していました。

もともと祖父のものを買い取るなんて!と怒っていましたが母屋とつながっている土地を他人に売られても困ると、結局娘の分与分として土地を買いました。

ただでさえ葬式代を父が出しているのに大赤字だ!と母は怒っていました。

遺言書の通り母屋は父が相続して無事終了となりました。他の土地を売ってなんとかプラスマイナスゼロになったそうです。

 

お墓ももともとあったので納骨のみで済み、49日、100カ日、新盆、1周忌、3回忌などありますが、お寺の檀家になって長いので、毎年寄付をしているので、お布施は気持ちの3万円でした。

檀家になるとお寺のお祭りのお知らせ、改修工事の寄付、一斉清掃、草取りなどいろいろ行事がありますが、大家族なので誰かが出ています。

お寺には自分の家の行事だけでなく毎年のお寺のお手伝いをする事が檀家の努めてだそうです。お墓の管理費も1年で水道代のみの1400円です。

檀家が少なくなると分母が少なくなり自ずと寄付が増えて大変だそうですが、今の所負担も余りないので、なんとかやれています。

 

私は嫁に行ったので話を聞くだけですが、兄は跡取りなので、組合や、自治会など3つの役員をやっています。

田舎なので、仕方のない事かもしれませんが、2度と家族で揉めたくありません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*