葬儀費用はおおよそ200万円ほどでした

葬儀社の選び方はさまざまで、病院で紹介してくれる場合もありますし、自分で見つけなければならない場合も、知り合いなどのツテで頼む場合とあります。

私の祖母が亡くなったときに母が選んだところは、近所で昔からの(祖父も先代のときからの知り合いでお世話になっていた)お付き合いがあったので、そこに決めました。

病院でも、どうなされますか?と案内的なものもありましたが、祖母も生前から親しくしていたようだったので母がそこに決めました。

 

費用はおおよそ、200万円ほどでした。

金額的に高いかやすいかはわかりませんが、個人的にはすべて任せて後片付けもしなくてもいいですし、とてもきれいに飾ってくれるのでそこまで高い認識はありません。

死後、やすらかな永眠を見送るのにはやはり盛大に、そして今までの感謝の気持ちやねぎらいの気持ちを込めて

 

種類は何種類かあったようですが、あちらに任せるという形を取りました。

そして、昔からの知り合いなだけあり祖母のことをよくわかってくれていたので、とてもいいチョイスをしてもらえました。

流れなども、一切私達がすることはなく葬儀屋さんの職員さんにしていただきました。

香典返しも品物を、おおよその予算から選んだだけであとはすべて葬儀屋さんがしてくれたと母は言っていました。

朝早くに行き、準備などを見せてもらい、細かく確認をとってもらえましたし、あとは来てくれる方々にその都度ご挨拶をさせていただいた程度でほとんど何もしないような感じでした。

やはりプロだけあって手際もよく、私達が手を出す隙もありませんでした。

 

困ったことは、葬儀後の食事のことでした。

好き嫌いも分かれますし、結構な人数を予定していたので葬儀屋さん側でいくつかプランはあったのですが、細かく選ぶこともできました。逆に、選択肢が多くある方が考えなければ行けないので厄介と言うかとても面倒に感じました。

お通夜と告別式で二日かかるため、遠方から来てくれる方には泊まる場所も用意しなければならなかったのですが、それは葬儀屋さんの好意で貸してもらえたのでありがたかったです。

 

葬儀を取り行うに当たり、生前のその人の生き方や意思などをできるだけ尊重し、人生をまっとうさせた者として敬意を払い、盛大に取り行うことこそ最大の感謝の気持ちの表れになるのだと思います。

気持よく送り出すことで、故人もやすらかな眠りにつくことができると思うので、葬儀はけして妥協したり節約などということは間違っても考えない方がいいかと思います。

こちらが精一杯考え取り行う葬儀なら、故人もとても喜んでいることでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*