葬儀会社を決める時に気をつければよい点

冠婚葬祭は、何かとややこしいことも多いものです。

特に葬儀の場合には、規模はどれぐらいのものにするか、予算はどうするかなど、残された遺族は悲しんでいる暇も無いほど忙しくなることもあります。

しかし、葬儀会社などは、病院からの手配によって決めることも多く、あまり迷うことも無いことがほとんどのようです。

けれど、結局は高く葬儀代がついてしまったり、後で後悔することも少なくありません。

このようなことから、葬儀会社を決める際には、そのような点に気をつければよいのでしょうか。

 

まずはどれぐらいの費用になるかを確認する

葬儀と言っても、いろんな種類のものがあり、最近では家族だけで見送る家族葬などもよく選ばれています。

家族葬の場合だと、家族や知人だけで行い、弔問などを無くして行うため、掛かる費用も安くなり、50万程度で済むケースも多くなります。

香典返しなども、遺族は何かと大変なことから、この家族葬もかなりの人気があります。

もしも亡くなった人がこじんまりとした葬儀を望んでいたのならば、このような家族葬を選ぶのも良いかも知れません。

もし、家族葬を行うならば、まずは家族葬を行っている葬儀会社をネットなどで調べ、それから決めても良いかと思います。

 

病院から葬儀会社をお願いする際には気をつけよう

しかし、精神的に余裕が無く、葬儀会社なども検索する気が起きないと言う場合には、病院からの紹介された葬儀会社でも良いとは思います。

けれど、ここで大事なのが、何でも葬儀会社の言いなりにならないことです。

例えば、葬儀の見積もりの際でも、こうすると良いと思います、これは必要だと思いますと言ったようにいろんなものをオプションとしてつけるように促す葬儀会社もあります。

でも、中には不要なものなどもありますので、こちらもよく検討しなくてはいけません。

何でも葬儀会社に任せてしまうと、後でかなりの金額を取られてしまうケースもあり、それはそれで仕方無いと思うこともあるかも知れませんが、やっぱり後悔はするものです。

また、葬儀会社の中には、病院から遺体を搬送することだけを頼むことも可能なところもありますので、自宅で落ち着いて葬儀会社を選ぶのも良いかと思います。

 

自宅に遺体を置けない場合には預かってくれる葬儀会社もある

また、自宅が極端に狭いアパートなどの場合には、遺体をしばらくは預かってくれる葬儀会社もあります。

そのため、狭い場所に遺体を置かなくても良い場合もありますので、あまりにも家が狭い時には、葬儀会社に相談しましょう。

 

他にも、遺体とずっと付き添えるように部屋などを借りることが出来る葬儀会社や、追加料金が発生しない、プランごとの葬儀を行っている会社もあります。

このような葬儀会社は、自分で調べることも可能ですが、以前に葬儀を行った人の口コミを頼るのも、良い葬儀会社を探すのならばおすすめです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*