葬儀を行った中で一番悩ましかったのはお寺さんへの支払い

2年ほど前、私の父が亡くなったときの体験談です。

葬儀自体は亡くなってから4日後に行いました。

日程も火葬場の予定が4日後にしか行えないということでしたので、これは葬儀屋さんの意見に従いました。

葬儀にかかった費用は大体120万円、別でお寺様へ50万円くらいがかかりました。

細かい内訳などは失念しましたが、生前父の好きだったお花の指定をさせていただいた以外は、大体が平均的な飾り付けだったと記憶しています。

 

どこの葬儀屋さんにお願いするかですが、我が家の場合は地元の葬儀屋さんにお願いしました。

知り合いに葬儀屋がいましたが、その方に相談したところ、自分のところでやるよりも地元であげたほうが参列者やお寺さん、故人にも良いのではとアドバイスを頂いたためです。

地元の葬儀屋さんにお願いして良かった点として、毎日決まった時間に家まで来ていただき、綿密に式についてお話できたところです。

またうちは家族葬では無いにしろ、参列者は近くに住んでいる方が大半でしたのでその点もアドバイスに従って正解でした。

実際には、地元には3つほど葬儀屋さんがありましたが、この選定は一番早く打ち合わせを開いてくれるところにしました。

お願いした葬儀屋さんはお電話して1時間ほどでいらっしゃってくれたので、そこからの取り決め早かったです。

 

葬儀を行った中で、一番悩ましかったのは、お寺さんへの支払いです。

恐らく葬儀の経験がない方にとっては、相場というものがわからないと思います。私たちも全くの無知でした。

ただ我が家がお願いしたのは地元のお寺さんなので、法事で毎回お世話になることもあり失礼があってはならないと考えると、非常に判断が難しかったです。

住職さんに伺っても「お気持ちで結構。」としかお言葉をいただけませんでした。お寺さんによってはある程度の金額を伝えてくれるところもあるとも聞きますが、こればっかりはお寺さんの性格によるものがあると思うのでどうしようもないです。

結局、この点に関しても葬儀屋さんに聞くしかありませんでした。

 

これから葬儀をあげられる方に葬儀屋さんをどう選ぶか助言させていただくとしたら、こうした金銭面の相談をしっかり答えてもらえるところが良いと思います。

ただでさえ、身内が亡くなって心を痛めているときに金額で悩んだりするのは遺族の皆様にとっても好ましいことではありません。私の場合は、お願いした葬儀屋さんや知り合いもいたのでこの点とても助けられました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*