葬儀の種類を知っていますか?

葬儀にはいろいろな種類がある事をご存知ですか?

普段なかなか葬儀の事について考える機会は無いと思います。

そこでここでは葬儀の種類について解説します。

 

宗教によって分類する

日本で最も多いのが仏式です。

ただ、これは日本の仏教に大別しただけでも天台宗系、真言宗系、浄土宗系、禅宗系、日蓮宗系、奈良仏教系とありさらには同系列の中でも基本教義や儀式形式に違いがありますから、仏式葬儀の内容は同じではありません。

宗派による葬儀分類で主なものは他にも神式とキリスト教式葬儀が挙げられます。

神道は日本土着の祖霊信仰と共に育ってきた宗教です。

キリスト教式葬儀にはカトリックのものとプロテスタントのものがあります。

 

密葬

密葬とは亡くなったタイミングが年末年始などで、公に呼びかけ葬儀や告別式を行いにくい場合にとりあえずは遺族や近親者だけで行うものです。

一般的には通夜、納棺、出棺と火葬までを行います。そのため時期が過ぎてから改めて本葬を行うわけで、密葬と本葬は必ず対になっているものです。

 

社葬と団体葬

故人が所属していた会社や団体に大きな功績を残した時やその仕事をしている最中に亡くなった時に行われるのが、社葬や団体葬です。

特徴は会社や団体の役職者が葬儀委員になり葬儀委員長が喪主の了解の下に一切の指揮をする事や、基本的には葬儀、告別式の葬儀のみを行い通夜や精進お落しなどは行いません。

また、団体葬の内の国葬では特定の宗教様式により儀式を行う事を禁じています。社葬・団体葬は幅広い人達が集まりますから亡くなってから1週間ないしは1か月くらいの準備期間をおいてから行われるのが一般的です。

 

無宗教葬や自然葬

死に対しての考え方や葬儀に対しての考え方が変化した事もあり、無宗教葬や自然葬や生前葬などがあります。

無宗教葬は宗教様式によらない葬儀で基本的には通夜的な集いと告別の式、その後の法要的な集いがあります。

自然葬とは主に既成の墓地への埋葬は行わない事を主眼にしたもので、遺骨や灰を故人が愛した山や川や海にまく自然回帰を意味したやり方です。

生前葬は亡くなる前に個人が自分自身で葬儀を主宰するやり方です。宗教にのっとった葬儀が事実としての死を前提にしている以上は、生前葬は無宗教葬儀という事になります。

 

葬儀にもいろいろなやり方がありますので、あなた自身の置かれた環境、死や葬儀に対して考え方、それから亡くなった方にとってどれが一番いいのか考えて選択しましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*