葬儀の事前準備をしておけばバタバタする事無く対処できます

葬儀を営む経験は、誰しもそれほどあるものではなく、戸惑うのは当然の事でしょう。

普通の物を購入したり、サービスの提供を受ける場合は、高額であればあるほど事前に色々な角度から吟味するのが一般的です。

しかし、葬儀に関しては、事前に比較検討する事もほとんどなく、バタバタと葬儀社や葬儀会館を決める事が多いものです。

 

最近では家族葬や一般の葬儀にしても派手な葬儀は減少しており、費用も昔に比べて相対的に安く、かつ明朗になって来ている様です。

しかし、それでも様々な費用を考えると数十万円から200万円程度掛かるのが普通で、本来は事前に十分吟味すべき金額が必要なのです。

ただ、誰かの死を前提にして葬儀費用などを事前検討する事は不謹慎に思われるため、中々事前検討や比較検討される事が少ないのが実態です。

 

しかし万一の事があり、葬儀を営む必要が生じた時にバタバタしない程度の準備はして置いた方が良いのです。

例えば、80歳を超えた両親や義両親が居られる場合には、すでにその子供達は60前後になっており、親の事でもありますが、自分の終活的な意味合いもあり、葬儀社や葬儀会館をどうすべきかを考えてみる事は、決して不謹慎ではないのです。

年老いた両親に万が一の事があった時に、家族葬とするのか、一般の葬儀とするのか、親戚などにはどの程度まで連絡し、どんな規模や格式の葬儀とするのかの、子供達でイメージ合わせ程度は行っておくと良いでしょう。

こうしたイメージがあれば、万が一の時に、そうしたイメージに合致する葬儀社や葬儀会館の選択も比較的絞り込めるため容易となります。

また、葬儀社との打ち合わせ時にも色々と決めねばならぬ事に対する意思決定がし易くなるものです。

 

さらに一歩進めて、そのイメージに合った葬儀を営める葬儀会館の積み立て会員などになり、葬儀一式に必要な費用の知識を深め、最低限必要な費用の準備も行うと言う方法も良いでしょう。

この会員は、自分の名義で加入すれば、両親の死を待っている様な不謹慎な感情も薄れ、2親等程度は同条件で葬儀を営む事が可能な為、実質的に両親の万が一の場合に対する備えにもなります。

また顧客を囲い込む為のこの積み立て会員の特典として、同じ金額で祭壇が通常より1ランク上のものが提供されると言った事もあり、コストパフォーマンスの良い葬儀を営む事が可能です。

相見積もり的な比較を事前に行いたいなら、この積み立て会員の内容を2,3社比較した上で加入すれば良いでしょう。

こうした事前準備をしておけば、具体的な通夜や葬儀のこまごました段取りは、プロである葬儀社の指導によってスムーズに行えるため、バタバタする事無く対処できる事でしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*