葬儀の一形態として自然葬の存在の意義は大きいと思いました

葬儀の一種と言える自然葬をご存知ですか?

従来型のお墓に自分の骨を収めるのではなく、遺灰を海や山など自然のなかに撒くことで、お墓を持たない弔いのやり方で、遺灰を撒く部分を行うことが葬儀としての儀式ともなります。

近年、この自然葬を生前に選択する人も出てきていて、注目されています。

 

その背景には日本のお墓事情の変化もあります。継承を前提とした従来の仏教系の檀家方式のお墓から、家族に替わりお寺が面倒を見てくれる「永代供養墓」を選ぶ人も増えているのが日本の現状です。

というのも、日本の家族のあり方がいわゆる核家族化するとともに、少子化もあり、従来方式のお墓の維持や継承が難しくなっているからです。

 

こうした社会的背景もあるとも言われますが、遺骨を自然に還すことで、自分が自然に還るような気分になるという精神的な本人の満足感や考え方がまず第一にあるのが基本です。

余計な墓という人工物を増やさないことで、環境を守るという意味合いもあるとも言います。

葬儀をおおがかりにしたくないという意思を持った故人の考え方にも合うものです。

 

現実的な費用面でも葬儀については公共の屋外で行われますので、一般的な葬儀より少ない傾向になります。

お墓についてははじめからないので無料となります。

お墓以外の選択として、自分らしい葬送の実現や継承者を必要としない、自然に還りたいとの思いに応える形での葬儀の一形態がこの自然葬と言えます。

 

この自然葬という言葉は、ある葬送関連の自由を求める理念を持った市民運動団体が1991年に、発足にあたって起草した会結成の趣旨の中で初めて使われたとされ、日本においては比較的近年の概念です。

その反響は大きく、数年後には辞書や用語辞典に載るほどの認知の広がりを見せ、今日に至っています。

じつは日本でも古代から、遺体や遺灰は海や山に還すのが主流だったという歴史的なこともあり、お墓に入るのが一般化したのは 江戸時代以降とされます。取り立てて新しいことをしているのではないとも言えます。

日本の法律上は遺灰を海・山にまくことは、それが節度ある方法で行われるならば違法ではないとされています。

 

自然葬は基本的に亡くなった人が生前、これを行う意志を明確に示したうえで行われるのが普通です。

現在では自然葬への認識が一般化していることもあり、葬儀の一形態として請け負う業者もあります。

 

あなたも生前に選択することができます。

自然葬を中心とする一連の葬儀、お墓の形態は前述のように費用も安価なので、自分の死んだ後の費用を抑えたいという現実的な目的がある人においても一応メリットのある方式と言えます。

私も生前にこの自然葬を希望していたある芸術家の自然葬形式の葬儀に参加したこともあります。

一般的な葬儀と異なり、屋外で故人の関係者が集まって、散骨して故人を送るという体験は、従来の葬儀とは異なる不思議な感覚を覚えました。

エコや費用面などはともかくとして、葬儀の一形態としての自然葬の存在の意義は大きいと思いました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*