最近は友人葬・家族葬といった身近な人を集めての葬儀が人気です

葬儀の種類は個性に合わせて様々ありますが、最近では、友人葬・家族葬といった身近な人を集めての葬儀が人気です。

でも、友人も無し、家族も無しという方も、少なくないのが現状です。そういう方のためのプランも、新しく作られました。

 

それは、民間の葬祭社のプランです。会員制で、一人で入会できます。

身寄りのない人が入会するプランです。

利用者は、自分の葬儀・墓の心配はいりません。自分が死んだら、この葬祭社が葬儀をしてくれます。

納骨も、寂しい無縁仏の墓ではなく、会員が集まった、一人一人のプレートが付いている物です。

花壇のような場所に、自分のポットのようなものがあり、そこに収まります。

自分の墓の周りにも同じように区画があり、少しずつ名前と日付が刻まれていくのを見て、そこに自分は生きているうちに手を合わせ、線香をあげます。

自分がなくなったら、誰かが同じように手を合わせてくれる仕組みです。このプランはその循環を利用しています。

墓の掃除は、花壇なので花の手入れだけで済みます。花壇は葬祭社の職員と会員が年に何度か手入れをします。

強制的ではなくあくまでも自由です。

 

会員は孤独な方の集まりですが何度か顔を合わせる機会があり、相談や世間話を楽しむことが多いです。

配偶者がいなくなった時の気持ちをお互いに話すこともできます。

孤独な方は寂しいというイメージは古く、孤独な方でも大勢集まれば楽しく過ごせることを気付かせてくれます。

病気を持っている方も多いので、携帯でのやり取りだけで参加する方もいらっしゃいます。

これから、このプランの利用者は増えていくと言われています。

 

葬儀とは、個人の自由な形で執り行うことができるものです。葬られ方も、選択できます。

宇宙にまで選択できるのです。

もし、今、将来のことで考えている方がおられるなら、何を重点に選ぶかを、先に決めることをお勧めします。

地元に墓を探すのか、思い出の地にしたいのか、両親の墓でもいいのです。

それは、可能なのか、可能にするにはどこに頼むのかを探していきます。

身寄りのない方ではできないと思っていたことでも、民間の葬祭社で、引き受けてくれる企業があるのです。

 

多くのプランの中から、自分に合ったものを選ぶことで、余生を楽しく明るく生きられることが狙いです。

終活は、そこまで進化し、悔いのない最後を迎えたい方が多くなり、そのための方法として取り入れられています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*