家族葬はお客様の数、低価格になるのも利用される理由の一つ

葬儀をした際に困ったことは、親戚の仲の悪さでした。

兄弟の多い祖父は、親戚に対して、冷静に接する大正の人間で、情が足りないなど、よく言われていました。

その祖父が亡くなった時、葬儀は、喪主が誰がするのか、というところから始まり、一七日の納骨まで、事あるごとにひそひそ言われる始末でした。

それでも、粗相がないように気を付けながら、事を勧めようとするのに精いっぱいでした。

花輪も、どういう風に名前を入れるか、ということまで争いの原因になるので、兄弟一同で済ませました。何かとうるさい葬式になる場合、最近では家族葬が人気だと聞きます。とてもいいことだと思います。

 

葬儀の際に仲が悪かった者同士、関係を良くしよう、とするのは理想です。

現実は、そうはうまくいきません。

部屋の中の雰囲気が葬式以外の理由で暗くなり、他のお客様に気を使わせることもあるのです。

それなら、家族葬を利用するのも、方法の一つだと考えています。

葬儀は、何かと手間がかかり、家族だけではやり通せません。

でも、今は、葬祭社があり、ほとんどの手伝い・サービスによって、それを可能にしてくれます。

食事やお客様の相手も、自分達のペースででき、ゆっくり過ごすことができます。家族との最後のお別れと言いますが、本当にその時間が取れるのが、このプランのいいところです。

家族とのたくさんの思い出を、家族で話したり、笑うこともできる、家族だけの空間を作ることができます。

 

葬祭社には、家族葬向けのスペースが用意されています。

お通夜からそのままその場所を利用することもでき、完全に家族葬ができるのです。

家族葬は、お客様の数、食事の数なども抑えられるので、低価格になるのも、利用される理由の一つです。

保険を利用して葬儀をする場合でも、安心できます。食事は、その家庭によって異なるものです。

家族葬ならではの、故人が好きだったものをお供えすることもできるところも、いいですね。

 

精進料理は、お葬式の際に出すものですが、利用したい場合は、少ない数でも、葬祭社や仕出し屋、弁当屋などで対応が可能です。

家族葬でも、利用できます。葬祭社と仕出し屋は、つながりがあります。葬祭社に頼めば、手配は可能です。

お知らせだけ、地域に回覧板などで回す時も、葬祭社で対応することが進んでいます。

葬祭社は、プラン以外のことでも、別料金で対応が可能です。

分からないことは相談もできる、とても頼れる業者です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*