家族葬で普通の葬儀よりも安く済ませることができました

葬儀社は、今、自分が頼みたい葬儀社を利用できるようになりました。

多くのサービス、葬儀の種類があり、どのように故人を送り出したいか、選択することができます。

コーディネート・デザインという感覚もあります。

 

私は、以前、家族葬は親戚のわずらわしさがなく、いいなあと思っていました。

地元でも、家族葬が多く利用されていました。祖父の葬儀で家族葬を利用した際、親戚には電話でお知らせをしました。家族葬にする旨を話し、分かってもらいました。

でも、中には、なぜ、自分が葬儀に呼ばれないのか、反論する方もいました。

また、故人の友人も、最後のお別れができないことに腹を立てて、何度も電話がかかってきました。家族葬に関して、地元の特に年配の方には、まだ受け入れられていないように感じます。

 

肝心の葬儀では、家族葬は家族と葬儀社の職員での準備が忙しく、自分達でしなければいけないことが多くて驚きました。

食事、着替え、移動だけでも、疲れてしまいました。手が回らない分は、葬儀社に頼むことになるのですが、それは有料になってしまうので、家族が手分けして頑張ることになりました。

食事は、親戚に出す分を節約できましたが、自分が用意することが嫌で、コンビニの弁当を買いました。

 

お別れの時間は、家族葬の場合は多くなります。

親戚に対応している時間を、家族だけで故人と同じ部屋にいることができます。

思い出やこれからのことを十分に話し合ったり、故人が好きだった歌を歌ったりもできます。親戚がいるとできないことでも、家族葬ならできることもあるのです。

私は、祖父が好きだった花、ひまわりを、葬儀にはふさわしくないかもしれないと思いながらも飾りました。菊の花は定番ですが、あまり好きではありませんでした。

祖父とは話ができませんが、花を飾ったことで、喜んでくれているような気がしました。

 

葬儀は、家族葬をしたことで、普通の葬儀よりも安く済ませることができました。

それは、部屋の大きさ、日数にもよるそうですが、私たちが利用した日は、他に利用者がなく、小さい部屋が空いていたことが、幸いだったようです。

他に利用者がいて、先に葬儀の準備がされている場合、小さい部屋は使えない時もあるそうです。小さい部屋は、控室にもなるので、利用頻度が高いのです。

私達家族は、初めての家族葬でしたが、何とか家族で葬儀をすることができました。でも、年配の方、少数家族の場合は、家族葬は大変だと思います。

葬儀は突然のことで、プランを選ぶのは難しいですが、葬儀社と相談することで、可能な葬儀を選ぶことをお勧めします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*