互助会の様な積み立て金を利用できる葬儀業者で助かりました

母親が亡くなり、葬儀を行いました。

葬儀業者は母が互助会に加入しており、積み立てをしていたので、簡単に決まりました。

葬儀は一般葬で行いました。

 

月々1000円位の積み立ての様でしたが、おかげで割引やサービスが充実していてとても助かりました。

葬儀業者さんの方で準備して頂いたのは、自宅、会場のセッティング・火葬会場全般・会葬御礼品・食事等です。

しかしパンフレットを見ると値段の幅が広く、担当者の方に聞きながら中間より上のクラスでほとんど選びました。

費用がかかるのは、葬儀会場だけではありません。

葬儀へ来ていただいたお坊様のお布施もあります。

お布施は決まった金額は無く、お気持ちでと言われとても悩みました。十万単位のお布施だったと思います。

金額はあまり関係ないとは言われましたが、親戚の人達によると、お布施の金額で、お経が長くなったり、良い戒名を付けてくれるかどうかが決まると聞きました。

そのおかげかどうかは定かではありませんが、母はなかなか地位の高い戒名をつけて頂いたようです。

 

かかる費用はこれだけで終わる事は無く、家に来ていただいた方に出すお茶代や軽食代、泊りがけできた頂いた方のお世話代など、細かい物まであげればきりがありません。

葬儀業者に依頼した分のお金は葬儀が終了後に支払えば良いのですが、お布施やその他の雑費はその時に支払うものなので、最初にある程度のお金は用意していた方が良いと思います。

私の場合は、兄がいたのでほとんど兄が支払ってくれました。

私は茶菓子代等であまりお金を出さなくて済みましたが、兄がいなかったらどうにもならなくて、母を華やかに送り出す事は出来なかったと思います。

 

母は生前働いてはいましたが、長く勤めたいたわけでもないので、会場は中間の広さを選びましたが、人望の厚い人でしたので、思った以上の方々が来て下さり、入り口が長蛇の列になってしまい、長い時間外で待たせる事になってしまってご迷惑をお掛けしました。

私の母の場合は人が多すぎましたが、過去に知人の葬儀に参列した時は参列者が少なすぎて、会場がとても淋しかった事を覚えています。

その人の年齢や、経歴等によって葬儀に参列する人数は把握できないでしょうが、可動式の壁である程度融通の利く会場なんてあればいいかなと思います。

 

私の場合、葬儀費用は兄の助けと多くの方々に参列して頂いた香典でまかなえましたが、いつどんな事が起きてもとりあえずの対応が出来る様なお金はあった方が良いと思います。

また、互助会の様な積み立て金を他の葬儀業者でも利用できるシステムになれば良いかなとも思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*