下調べをし会員になることでお得に葬儀ができます

葬儀は体験したことがないうちは全く知りませんでした。

葬式は個人が執り行う式典のようなものです。親戚が多ければセットも準備も費用も問題はないのですが、家族だけでというととても困難です。

突然に亡くなった時は、パニックになり動揺してしまいます。葬儀社はそんな時に助けてくれます。

 

葬儀社はプランの価格がはっきりせず、交渉する際に迷ってしまいます。

上中下しかない場合もあります。祖父のときは中にしました。

それぞれ何が違うのか質問すると祭壇と飾りでした。でももっとプランがあるのです。

和尚様の人数を減らす、祭壇を寺から借りるなど様々です。

モヤモヤしたものを心に残したまま葬儀は執り行われました。

 

葬儀とはそんなものです。一度、嫌な思いをされた方が葬儀社のプランを見直し家族で話し合います。

次に必要になった時は動揺せず、決めていたプランを迷わず執り行います。

会員制の葬儀社で展示会がある場合にどのようなものか下調べをし会員になることでお得に葬儀ができます。

月々の積み立てもあるのです。

 

昔からの葬儀は近所・親戚・友人が一緒になって故人を送ります。

そのならわしよりも価格が重視されています。和尚様、尼さんの説教は聞く機会もありません。

これから葬儀のプランを検討する方には何を重視したいのかを初めに決めそこから葬儀のプランを決めていくことをお勧めします。それには、家族の意見や両親の意見も取り入れることができれば後に悔やむこともないと思います。

 

葬儀は故人に対して一度きりです。

祖母が亡くなった時は、布団の上に祖父から買ってもらった着物をかけました。

着物はとてもきれいな若葉色で親戚中でいい着物ね、いいね、嬉しいだろうねと祖母に声をかけました。

中にはこの着物、後で私もらってもいい?という人もいました。

その着物は、棺桶に入れ天国へ祖母と一緒に行きました。私はとてもいい送り方だと思いました。

故人によって嬉しいと思うことをしてあげることが、自分の気持ちを救ってくれるようです。

 

葬儀は大きければいいというものではありません。

自分がしてあげたいことをすればそれは故人が見てくれます。小さくてもいいです。

明るく送っても間違いではありません。故人が喜ぶことを考えて一つでも取り入れられるようにするのも方法の一つです。

プランの中から選んでも、一つ自分でこだわりを作ることをお勧めします。棺桶に入れる花でもいいですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*