しっかりと家族で話し合うことがより良い葬儀につながるでしょう

東海の某葬儀社で働く社会人です。

今回はご家族・喪主側ではなく、働く葬儀社側からの葬儀についてをお話しさせていただきます。

まず初めに葬儀にかかる費用ですが、これは葬儀会館のシステムによって変わります。

大きく分けて2つあり、1つは月々の積立てをしていき(例2000円×12ヶ月=24万円)満期になった後に不幸事があった際に会員価格で葬儀が行えるというシステム。

2つ目は入会金(例1万円)を支払い、その入会金のみで会員価格の葬儀が行えるシステム。

双方生前入会が原則が多いです。満期になっていなかったり、生前入会をしていなかった方は一般価格となり倍以上かかってしまうケースもあります。

 

葬儀社の選ぶ際はそのシステムを理解し、第一に自宅から近い会館をおすすめします。

不幸事があった際、みなさま大変慌てられる方が多いです。

礼服を用意したり、遺影の写真を探しに自宅に戻ったり、会館で泊まる際は着替えの支度など準備のために自宅に戻らなくてはいけない場合がありますのでなるべくすぐ帰れる近い会館を選ぶのが良いでしょう。

もちろんプランや会館の好き好みもありますので参考までに。

 

葬儀の種類としてはひと昔前とは全く変わってきています。

昔は自宅や寺院で行うことが多かったのですが、近頃は葬儀会館が増え会館で通夜葬儀と行う家族様が多いです。

お付き合いのあるお寺様がいらっしゃる場合は仏式の葬儀、キリスト教、神道、創価学会とあらゆる宗派に対応している会館が多いです。

最近はお寺様とのお付き合いがない家族もおり、自由葬を好む方もいらっしゃいます。

そういった場合は焼香のみをしたり献花をする方もいます。

バイオリン奏者を頼み音楽葬で送る葬儀もわりと一般的になってきました。

 

葬儀の流れはまず不幸事があった際、お医者様の診断が出てから葬儀会館に電話しお迎えに来てもらいます。

会館に入られるのか一度自宅に戻られるのか葬儀社から聞かれどちらかに御安置をします。

その後に葬儀の打合せを行い、通夜、葬儀、火葬と進んでいきます。

進行は全て葬儀社が行ってくれるので家族様は聞かれた事だけを答えれば葬儀は無事に終了するでしょう。

家族様が葬儀でよく困っていることは亡くなられた方(親でも)の葬儀に来てくれる弔問者・会葬者の人数が全く分からないことです。むしろ参加する親族の人数でさえ答えられません。

不幸事が近いと感じた際はどの親族を呼び、亡くなられた方の交友関係を把握しておくことが大切です。

 

最近は家族葬で行う方も多く、近所の方にも伝えずに葬儀を行う方が多いですがそれで本当に良いのか、お見送りに来たい親しい友人は居ないのかきちんと確認しておくことがより良い葬儀を行えるコツともいえます。

しっかり人数を把握しそれにあった品物や食事の数を注文することで費用も抑えられます。

亡くなられた方の意思も生前確認しておくべきでしょう。また葬儀を行う上で葬儀に詳しい方が1人でもいるだけで話が早く進みます。頼れる友人、親族を見つけておくことも大切なことです。

葬儀の事についてなかなか話しにくい事だとは思いますが、一生に一度の事です。

しっかりと家族で話し合うことがより良い葬儀につながるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*