お墓のお金とは?永大供養、納骨堂、樹木葬など様々あります

葬儀が終わり、骨壷を入れることになるお墓を購入する時期がやってきます。

このお墓については、基本的に注文をしてから作ってもらい、最終的に入れる時期になるまでに設置されることとなります。

金額はもちろんのことですが、最近ではお墓に入れるだけではなく、別の方法を利用しての供養というのも行われています。その違いについて知っていることも大事です。

 

購入費用

購入費用については、ただ墓石を購入するだけでは駄目なのです。

それ以外にも必要なお金がありますので、それについてもしっかり把握しておかなければなりません。

 

墓石の購入費用

墓石については、加工してもらう費用が付け加えられてしまう他、石自体の費用も結構高くなってしまうので、実はかなりの負担をすることになります。

平均値ではありますが、負担する金額については132万円から142万円、地域によっては150万円くらい負担することになります。

この違いについては、地域によって若干差が生まれているようで、東日本のほうが高めに設定されることがあります。

 

石の形によっても若干変わることとなりますが、それでも負担は結構大きくなります。

葬儀でも結構お金を利用しているのに、それに加えてさらなる負担が出てくることも事実だと思ってください。ただ、スタンダードなものにしておけば、安く抑えられることもありますし、1度作ってしまえば多くの骨壷を入れることも可能ですので、1回の負担で供養できる人は多くなるのです。

 

永代使用料

石を購入するだけでなく、一緒に土地を購入することがお墓には必要となります。

石だけ購入をしても、保管する場所がありませんから、置くために必要な場所を確保しなければなりません。必要なところを手に入れるため、土地の価格も追加されることになります。

墓石の購入費用について、150万円近くかかってしまうのは、土地の価格もそこに含まれるからです。この土地の価格について、永代使用料という名称が使われており、永代でそこの管理をすることとなります。

 

土地については、本当に微々たる部分を購入することになるので、実際には土地の価格だけなら負担はそこまで多くありません。

ただ、それでも土地の価格を払わないと利用することが出来ないことは事実ですので、絶対にこの費用も負担することとなります。

 

墓の引越し

元々持っていた墓を引越ししたいと思っているときは、別途に必要な方法を取らなければなりません。引越しにかかる手続きなどを知っていないと、かなり時間がかかってしまうこともあります。

 

引越しの手順

引越しをしたいと思っている場合は、まず市町村に対して改葬許可申請書を提出して、許可を取らなければなりません。

この許可が出ていないのに勝手に移動させてしまうと、違反になってしまいます。

現在のところには埋蔵の証明をもらい、新しいところから墓地の利用について許可をもらっていることを示して、改葬許可申請書を出します。許可さえ貰えば、すぐにでも引っ越しをすることは可能です。

 

ただ、お金については払わなければならず、特に墓地の解体費用が高くなっています。

費用負担としては、最大で30万円くらいは覚悟しておかなければなりません。

多くの負担をしないためにも、安いところに依頼するなどして、少しでも金銭的なものは減らしていったほうが良いです。

 

永大供養

最近は永代供養という方法も採用されています。

これはお墓を利用するのではなく、寺や施設などに依頼をすることによって、供養して貰う方法となっています。比較的利用しやすいことで知られているものですが、金銭的な負担はどうなっているのか、ここは知られていないところがあります。

 

納骨堂

納骨してくれるための施設であり、一番多いタイプが納骨堂となっています。

一応ランクが設定されていて、ランクの高いところを利用すると、お墓と同じくらいの負担を強いられることになります。ただ、一番安いところであれば、20万円くらいの負担で終わることもあります。

ただ、維持するための費用が必要となっており、その年間管理料については払わなければなりません。

お墓と違って、年間の使用料を払わないことには、管理をしてくれない設定となっています。

 

樹木葬

この方法は、許可をもらっているところに埋葬する方法で、樹木の付近に埋葬されることになります。

許可をもらっていないところ以外では出来ないので、指定されているところだけで行われることとなります。

 

金銭的な負担としては、非常に小さい方法となっています。

埋葬するだけなので、負担は納骨堂と同じくらいです。違う点としては、年間の管理料が免除されているところが存在しており、1度行ってしまえばそれ以外の負担を強いられることはありません。

樹木葬を活用することによって、お墓とは違う管理ができるようになりますが、結構人気とされている方法となっていますので、空いていないこともあります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*