葬式を出来るだけ安く抑える方法を紹介します

家族に不幸がありがあると葬式を行わなければいけません。

また、中には仏壇も考えなければいけないという人もいると思うのでかなりお金の出費があります。

 

葬式はその人を送ってあげる最初で最後の儀式なので、出来るだけ本人の希望をかなえてあげたいものです。

また、仏壇に関しても購入すると30~40年は使うことが出来るのでほぼ一生ものになります。

何かとお金がかかる葬式ですので、本人の希望をかなえつつ、出来るだけ安く抑えたいというのが家族の本音ではないでしょうか?

では、葬式を出来るだけ安く抑える方法を紹介します。

続きを読む

お墓のお金とは?永大供養、納骨堂、樹木葬など様々あります

葬儀が終わり、骨壷を入れることになるお墓を購入する時期がやってきます。

このお墓については、基本的に注文をしてから作ってもらい、最終的に入れる時期になるまでに設置されることとなります。

金額はもちろんのことですが、最近ではお墓に入れるだけではなく、別の方法を利用しての供養というのも行われています。その違いについて知っていることも大事です。

 

購入費用

購入費用については、ただ墓石を購入するだけでは駄目なのです。

それ以外にも必要なお金がありますので、それについてもしっかり把握しておかなければなりません。

続きを読む

初七日法要、四十九日法要、初盆についてわかりやすく解説

お通夜や葬式を終えても、遺族にはまだ法要という仕事が残っています。

そんな法要について、これからご紹介します。

 

初七日法要

法要の中で、もっとも早く行う法要がこの初七日法要です。

初七日法要は、文字通り故人が亡くなってから7日目に行う法要のことで、故人が極楽浄土へ行ける様に祈りながら供養を行います。

この初七日法要は葬式とは別の日に行われることが望ましいのですが、葬式をしてから1週間も経っていないのにお、また身内が集まって法要を行うのは、現実的に難しいものがあります。

続きを読む

親族が亡くなったら必要になる具体的な手続きについてまとめ

故人が亡くなったら遺族はいったい何をすればいいのか、その具体的な手続きを知らない人は多いです。

なので今回は、その具体的な手続きを説明させて頂きます。

 

亡くなった直後の手続き

まず、故人が亡くなった際まっ先に行うべきことは、死亡届の提出です。

この死亡届を出さないと火葬許可証が出ないので、非常に困ったことになります。

死亡届の提出と同時に、火葬許可申請書の提出も行います。

続きを読む

どんな戒名をつけたらいいの?戒名にはいくらかかるのか?

葬式をする時にだれもが悩むこと、それが戒名です。

どんな戒名をつけたらいいのか、戒名をつけるにはいくらかかるのか、戒名をつけない場合どうなるのか、そもそも戒名とは何なのか、そういった戒名の疑問点について、これからご説明します。

 

そもそも戒名とは何なのか?

戒名とは、簡単に言えば信心深い仏教徒に与えられるもうひとつの名前のことです。

生前の信心深さや寺への貢献度を考慮して、お寺がつけてくれるものです。

こう言うと、うちは仏教徒じゃないから戒名は関係ないのでは、と思われる方がいます。

続きを読む

葬儀で負担をしなければならない費用について解説します

葬儀を行うことになった場合、色々と負担をしなければならない費用が出ます。

この費用を1つ1つ知っていることが、負担を最小限に食い止めるために必要となっています。

適当に契約をしたことによって、負担が増大することもありますから、提示されている内容をしっかり確認したうえで、どのような部分がいいと感じられているのか、そして負担を軽減できるポイントはあるのかを知っておくことになります。

 

葬儀施行費用

名前の通り、葬儀を施工するために必要な金額となります。

多くの葬儀社が見積もりを出してくる場合は、この費用だけが書かれていることも多く、それ以外の費用を全く考えていない場合があります。

続きを読む

葬儀のあいさつは定形文をもとにしながら、臨機応変に

葬儀において、一番気を使うことが葬儀でのあいさつです。

そのあいさつのことについて気をつけるべきことやあいさつ集などを紹介させて頂きます。

葬儀でのあいさつには定形文のようなものがあるので、基本的にはそれを使っていけば問題ありません。

 

故人に世話になった場合は、

「故人様には生前大変お世話になりました。このようなことになり、まことに悔やまれてなりません。」

 

故人が急死した場合は、

「突然の出来事で、気落ちされていることでしょう。心からお悔やみ申し上げます。」

続きを読む

通夜、葬儀・告別式に参列する人の行うべき事項とは?

親交のある人や親族の死去の連絡を受け、通夜や葬儀に参列する場合、参列者としてやるべき事をしっかりと把握し、恥をかかないようにする必要があります。

参列者として心得て置き、やるべき事をリストアップし、各事項の注意点などを記載します。

 

死去の連絡を受けた時の挨拶

親交のある人や親族の死去の連絡受けた時、それが故人の家族の場合には、お悔やみの言葉を述べ、通夜や葬儀への参列の意向を伝えます。

親族の場合には、葬儀の後に仕上げの食事が提供される事が多く、食事をして帰って下さいと言われた場合には、遺族が手配する関係もあり、時間がなければ丁重にはっきりとお断りを伝える方が良いでしょう。

続きを読む

葬式での「喪主のやるべきことリスト」を具体的に紹介します

葬儀をするうえで軸となる重要な存在、それが喪主です。

葬式で喪主がやるべきことは具体的に何なのか、これからそれをご紹介します。

 

葬儀を行う上で、喪主がやるべきことは多岐に渡りますが、一番最初にやるべき事は、葬儀の場所を決めることと、その時にどの住職を呼ぶのかを決めることです。

葬儀の場所は、どれだけの人を呼べるのかに直決しますし、呼ぶ住職によっては高額のお布施がかかります。

特に葬儀で呼ぶ住職は、故人を弔う菩提寺との関係もあるので、慎重に決めたほうがよいでしょう。

続きを読む

自筆遺言書、公正証書遺言書、秘密証書遺言書の作成方法

遺言書で準備するもの

ペン、便箋などの用紙、印鑑そして、遺言書の改ざんを防ぐための封筒を用意します。

それから、ご自身の出生から現在までの戸籍謄本と、相続人の現在の戸籍について集めておく必要があります。

 

これは、ご自身が亡くなられた時に、誰が相続人になるのかということを、戸籍謄本などで確認しておく必要があるからです。

それから、間違いがないように、遺言書を書く時に、間柄や生年月日などをしっかり確認するためにも本人と相続人の戸籍謄本を用意しておく必要があります。

続きを読む